港区

【募集終了】六本木のSOHO、時間と異素材で変わる光の表情

crele_roppongi-305-room-04-sohotokyo
※7/18より内見開始予定の物件です。
六本木一丁目から2分、溜池山王から5分。
六本木通り沿いのリノベーションマンションをご紹介しよう。
SOHO利用はもちろんのこと、事務所・店舗としても利用できるフレキシブルな物件である。
リノベーションは今話題のブルーボトルの店舗施工を手がけたチームが担当。
光の質感をテーマにした空間をご覧いただきたい。
crele_roppongi-facade-sohotokyo
駅からのアクセスも良い六本木通り沿いのマンションに今回の物件がある。
六本木アークヒルズの目の前、眼前の六本木通りは東京の大動脈らしく交通量が多い。
crele_roppongi-305-room-02-sohotokyo
室内はシンプルなワンルームタイプのオフィス。
ビルが立ち並ぶ六本木だが、目の前が六本木通りということもあって開けている。
光の質感、反射の違いを意識したのもこの特徴的な立地があってのことだろう。
crele_roppongi-305-room-01sohotokyo.jpg
壁と天井は漆喰、塗装、エポキシ樹脂を使い分けて使用。
床は光沢を持ったPタイルを使用して光が作り出す様々な表情を表現している。
crele_roppongi-305-room-03-sohotokyo
扉やカウンターテーブルに使用された木の素材感がアクセント。
味気なくなりがちな白基調の室内に温かみのある雰囲気を効果的にプラスしてくれる。
crele_roppongi-305-table-sohotokyo
カウンターテーブルはSOHO・事務所利用の際にはそのままデスクとして使用しても良さそうだ。
デスクとしての奥行きも十分。
crele_roppongi-305-sunroom-02-sohotokyo
六本木通りに面した部分、仕切り戸で分けられたサンルームを設置。
首都高速と平行に並ぶ窓は六本木らしい景色を切り出してくれる。
crele_roppongi-305-kitchen-sohotokyo
住居としても使用可能なので、キッチンも広め。
壁がついているのでキッチンが丸見えということもない。
crele_roppongi-305-showerroom-sohotokyo
お風呂はなくシャワールーム。
水回りはコンパクトにまとめて、室内の有効スペースを大きくしている。
 
crele_roppongi-305-sohotokyo
住居・SOHO・事務所・店舗利用と使用用途は幅広い。
築年数は古いがリノベーションが施され、駅からもほど近い六本木通り沿いという立地。
東京の真ん中で時間とともに移り変わる光の質感を楽しみながら働いてみるのはいかがだろうか。
 
 
 
管理番号:S14741
賃料:¥
管理費:¥
住所:港区六本木2
広さ:45.90㎡ 
アクセス:南北線「六本木一丁目駅」徒歩2分、銀座線「溜池山王駅」徒歩5分

構造規模:RC造11階建て 3階部分
築年:1981年 
敷金・保証金:
礼金:
備考:火災保険必須、保証会社利用可能、退去予告3ヶ月前
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top