その他

【募集終了】荻窪1分、素材感を味わうリノベーションSOHO

mansion_ogikubo-505-room-04-sohotokyo
※10月中旬空き予定のお部屋です。

荻窪駅徒歩1分のヴィンテージマンションをリノベーション、様々な素材の採用で居心地の良さが光る空間へ。

ヴィンテージ物件の素地の良さ、素材感を活かしたデザイナーの意匠が光る今回の物件。
大きなリビングの1LDKのプランニングは住居だけでなくオフィスや店舗にと利用方法は様々。
中央線沿線でリノベ物件を探している方には是非一度見ていただきたい物件です。
mansion_ogikubo-facade-01-sohotokyo
JR荻窪駅から徒歩1分、駅からはバスロータリーを抜けて青梅街道を渡るだけという立地のヴィンテージマンション。
普段であれば素通りしてしまう様な、何の変哲の無い物件に隠れたリノベーションもの程上質だったりするものです。
mansion_ogikubo-505-room-07-sohotokyo
幾つかのタイプのお部屋が同時にリノベーションされた今回のプロジェクト。
このお部屋は最も広いタイプで、2面採光の明るいリビングはとても魅力的に映ります。
mansion_ogikubo-505-room-05-sohotokyo
ポン・ポンとテンポよく並んだ窓が不思議と好印象です。
リノベーション前はどの様な空間だったのでしょうか、良い意味で全く想像ができません。
mansion_ogikubo-505-room-03-sohotokyo
綺麗な整形プランがポジティブに働きそう、ワークスペースとしては6人程度は問題なさそうです。
オークの無垢材を贅沢に使用した床、壁と天井は白塗装で纏められています。
mansion_ogikubo-505-kitchen-01-sohotokyo
キッチンのスタイリッシュさは特筆ものかと思います。
床材を一部利用することで統一感あるデザインへ、ひと手間かける事で空間は変わります。
mansion_ogikubo-505-room-010-sohotokyo
4.6帖のお部屋はほぼ正方形でミーティングスペースとしても重宝しそう。
こちらも2面採光が採用されていて、コンパクトですがとても贅沢な空間に感じます。
mansion_ogikubo-505-room-011-sohotokyo
収納力も高いのでベッドルームとしても高いポテンシャルを発揮します。
住みながらのSOHO利用にも良さそうですね。
mansion_ogikubo-505-bathroom-01-sohotokyo
トイレやバスルームは一ヶ所にまとめられています。
mansion_ogikubo-505-textile-01-sohotokyo
水回りとお部屋は床材で変化を。
無垢材の温かみと可愛らしいシャープな質感の白タイル、素材感の対比にデザイナーの意図を感じる事ができます。
mansion_ogikubo-505-barcony-01-sohotokyo
裏手は低層の住宅街で5Fからの眺めはかなり遠くまで見渡せます。
晴れの日はとても気持ち良いですね。
mansion_ogikubo-505-sohotokyo
 
住居としても惚れ惚れする質感ですが、オフィス利用も飲食以外の店舗利用もご相談可能。
リノベーションされた空間にデザインの偉大さを感じます。
入居者はポジティブな感情を抱く事になるでしょう、それは様々な方向へ良い影響を与えてくれるのではないでしょうか。
 
 
 
管理番号:S34430
賃料:
共益費:
住所:杉並区天沼3
広さ:44.89㎡
アクセス:中央線・丸の内線「荻窪駅」徒歩1分
構造:鉄筋コンクリート造7階建 4階部分
築年:1981年
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社利用必須、火災保険加入必須、店舗利用応相談(飲食不可)、償却1ヶ月、駐輪場1台無料、バイク置き場(¥5,000/台)、耐震補強工事済み(2016年)
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top