港区

虎ノ門のトリプレット。レトロ調リノベーション。

[港区/33万円/87㎡]

SpaceR-06

虎ノ門駅3分、ヒルズ至近。レトロ調のトリプレットリノベーション。

※入居可能日は5月下旬ですが、内見は事前調整の上可能です。
※写真は前回募集時のものです。現状と異なる場合には現状優先となります。

港区虎ノ門。
ヒルズを中心に賑わいをみせ、再開発計画が進み賑わいをみせているこの地域。それゆえ最近では人の流れが増加し、一大ビジネス拠点になる可能性を秘めている。そんな街の一角に佇むレトロリノベーションをご紹介します。
SpaceR-11
外観はレンガ調のレトロビル。オフィス街の中だからこそ、逆にこのレトロ感が他と一線を画する雰囲気を醸し出している。1階には落ちついた感じのワインバーが入っており、建物の価値を高めている。
SpaceR-01  
室内は3階〜5階の3層に渡るトリプレット空間。まずは3階からご覧頂きたい。高く抜いた天井にライティングレールを這わせる。シックな色調の床とのマッチングがレトロな質感を引き立てる。
SpaceR-03
水回りも清潔感を保ちながら、ラフに仕上がっている。コンクリートの打放しとの相性も良い。このテイストだからだろうか、少し大仰に感じそうなシャンデリアも不思議とマッチしていた。
SpaceR-04
そして4階へ上がる。階段や手摺りにも昔の面影があり感慨深い。新しく作り替えてしまえばそれで良い、という安易な発想への疑問を改めて感じさせられた。SpaceR-05
4階は水回りがない分、さらに広々とした空間に仕上がっている。下階の3階を接客スペースにするならば、ここは作業スペースになるだろうか。7,8人が働いても充分に余裕がありそうな広さ。
DSC09835
床は手前が木調、奥は黒革鉄板の珍しい組合せの2トーンカラー。木調の部分は元々は和室だったとのこともあり、このような仕上りになっている。
SpaceR-10
確かに柱がそのまま残っていたり、天井にも和室の名残を感じる。
SpaceR-07
SpaceR-08
そして最上階へ。社長室をイメージして赤に仕上げたとのこと。正直この色に抵抗がある方もいるかもしれない。そう感じられた場合は、お好みのカーペットやフロアを敷いて頂ければと思う。SpaceR-09
そして最後に屋上へ。この贅沢な空間を自分たちだけで自由に使うことができる。

虎ノ門エリアで希少なデザイナーズ。3階〜5階を自由に使えるので、ビル一棟自社ビルのような感覚で利用できます。エレベーターがないことがデメリットではありますが、それを充分払拭するコストパフォーマンスを備えた物件です。初期費用も抑えられるうえに、業種も多種相談可能です。

 

 
管理番号:S19016
賃料:¥300,000(税込¥330,000)
管理費:¥20,000(税込¥22,000)
住所:港区西新橋1
広さ:87.02㎡+ルーフバルコニー
アクセス:銀座線「虎ノ門駅」徒歩3分、山手線「新橋駅」徒歩7分
構造規模:RC造5階建 3階〜5階部分
築年:1974年
敷金・保証金:2ヵ月(償却1ヵ月)
礼金:1ヵ月(税別)
備考:2年契約(再契約可能・再契約料1ヵ月)、保険加入必須、保証会社利用必須、鍵交換費用有り
〈上記以外で契約時に掛かる主な費用〉
・仲介手数料(賃料1ヶ月分税別)
・前家賃(1ヶ月分)
・日割り家賃(月途中での賃料発生の場合)
・初回保証委託料(賃料合計の最大100%)
・火災保険料
The following two tabs change content below.
山西 隼平 Jumpei Yamanishi

山西 隼平 Jumpei Yamanishi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、企業VPのディレクションも担当。 愛媛生まれ。慶応義塾大学SFCにて映像制作を学ぶ。
Return Top