渋谷区

【募集終了】松濤、渋谷駅徒歩圏のラグジュアリーSOHO

villagevart_shoto-302-room-02-sohotokyo

渋谷区松濤、貴重な渋谷駅徒歩圏のラグジュアリーSOHO。

高級住宅街松濤のラグジュアリーな分譲マンション、その一区画がSOHO利用可能なお部屋になっている。
渋谷駅徒歩圏のSOHO利用可能な物件はなかなか貴重な存在。
2LDKの間取りは事務所的に使用しても良いだろうし、住みながら働く場合のワークスペースとしてもSOHO利用のメリットを享受出来るだろう。
villagevart_shoto-302-facade-03-sohotokyo
観世能楽堂の手前あたり、物件外観はタイル貼りと打ちっ放しの組み合わせで高級感が漂う。
ちょうど商業地域から住居地域に徐々に変化していくあたりで、目の前の道を進めば程なくしてNHKへ続いている。
villagevart_shoto-302-room-03-sohotokyo
LDKは23帖の広さ、カウンタータイプのキッチンを持った広々とした空間だ。
ワークスペースとしては5~6名は対応可能だろう。
villagevart_shoto-302-room-01-sohotokyo

この物件の2LDKを活かすSOHO利用を考える。

LDKをメインのワークスペースとして、2つの部屋はどのように使用するのが良いだろうか。
エントランスからの導線を考えると12帖の広い方のお部屋はミーティングスペースが良いだろう。
villagevart_shoto-302-room-05-sohotokyo
もう1つのお部屋は住みながらの場合はベッドルーム。
より事務所的な使い方の場合は資料庫や社長室など自由度の高い使い方が出来るだろう。
villagevart_shoto-302-kitchen-01-sohotokyo

高級分譲賃貸マンションの設備は快適な住まいとしてもポテンシャルを発揮する、そして周囲は話題の裏渋谷。

元々は高級なマンション物件なので水回りは充実の設備だ。
食洗機付きの広めのシステムキッチンなので毎日キッチンに立つ自炊派も納得ではないだろうか。
社員の間でローテーションを組んでのランチ作りといったイベントも出来る。villege_vert_shoto-302-bathroom-sohotokyo
約10年の月日が流れているが、広めの洗面スペース、トイレは流石の分譲クオリティ。
villagevart_shoto-302-room-06-sohotokyo
玄関先には広めの専用ポーチが広がる。
ここには折りたたみの自転車を備え、話題の裏渋谷エリアに足を運んでみてはいかがだろうか。
個性とこだわりを持ったショップが数多くあすので、刺激を与えてくれそうだ。
villagevart_shoto-302-parking-01-sohotokyo
シャッター付き・屋根付き駐車場も完備。
今現在は空きがあるようなので、大切なクルマも安心して置いておくことが可能だ。
クルマ移動の多い方もこれなら安心ではないだろうか。
 
village_vert_shoto-302-sohotokyo
 
渋谷駅徒歩圏の立地、十分過ぎるほどの各設備はSOHO利用時にも利便性が高い。
あるいは社長様のセカンドハウスとしての利用も良いかもしれない。
様々なシーンで100㎡越えの余裕ある広さと間取りを活かしていただきたい。
 
 
管理番号:S17337
賃料:¥
共益費:¥
住所:渋谷区神山町
広さ:106.93㎡
アクセス:山手線「渋谷駅」徒歩12分
構造・規模:RC造3階建て 3階部分
築年:2006年
敷金・保証金:
礼金:
備考:定期借家契約(2年間:再契約可能)、保証会社利用必須、火災保険加入必須、屋内駐車場あり
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top