千代田区

神田淡路町、都心アクセス抜群のメゾネットSOHO

vicolo-601-LDK-01-sohotokyo
大小のオフィスと店舗が立ち並ぶ神田淡路町の一角にある打ちっ放しのコンクリートを基調とした硬質でクールな質感の建物。
それは昔ながらの街並みからくっきりと浮かび上がり、オフィス風の佇まいを見せてくれる。
その実態はコンパクトタイプのメゾネットマンション、都心へアクセスしやすくセカンドハウスやSOHO利用に適した物件といえるだろう。
vicolo-facade-sohotokyo
はめ殺しのガラスを用いたファサードはオフィス風で、一見賃貸マンションとは思えない。
千代田線・丸の内線を始めとして、複数沿線利用可能。
どの駅も10分以内という足回りの良さがあり、周囲の街並みに溶け込んでいる個性的な飲食店を探索するのが楽しくなる。
神田の濃厚な味わいを肌で感じられるそんなエリアといえるだろう。
vicolo-601-room-02-sohotokyo
室内はコンパクトなメゾネットタイプ。
エントランスを開けるといきなり階段、その奥の扉を開けると下の階の部屋になっている。
vicolo-601-room-01-sohotokyo
コンパクトな8帖ほどのお部屋はバスルームに面しているのでSOHO利用時はベッドルームだろうか。
大きな開口部から入る豊富な光、収納は可動式でシーンによっていろいろと対応できそうだ。
vicolo-601-LDK-07-sohotokyo
階段をあがると11帖のLDKが現れる。
コンパクトな間取りだが、使いやすいほぼ正方形の形は2・3人の利用であれば充分な広さだ。
vicolo-601-LDK-04-sohotokyo
シンプルなデザインではあるがフローリング+コンクリート打ち放し+白壁の異素材使いがスタイリッシュ。
こちらも採光が充分にとられており明るい室内となっている。
vicolo-601-kitchen-01-sohotokyo
キッチンもシンプルでスタイリッシュな仕上がり。
SOHO・セカンドハウス利用であれば給湯くらいでほとんど使用する事も無いだろう、デザイン上のアクセントになっている。
vicolo-601-toilet-01-sohotokyo
トイレはコンパクトながら手洗い場がついたタイプ。
vicolo-601-bathroom-01-sohotokyo

 

vicolo-601-sohotokyo
都心へのアクセスが良い、コンパクトなSOHO可能マンションはなかなか少ない。
実際このあたりは代替わりくらいでしか新規のマンションが立たない立地のようで、近隣には同じような比較的出来るマンションが無い状態だという。
なるほど、都心へのアクセスと丁度良い賃料帯はとても魅力的に映るものだ。
 
 
管理番号:S14607
賃料:¥165,000(SOHO利用時別途消費税)
管理費:なし
住所:千代田区神田淡路町1
広さ:40.54㎡ 
アクセス:千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩1分、丸ノ内線「淡路町駅」徒歩3分、新宿線「小川町駅」徒歩3分

構造規模:RC造7階建地下1階建て 6・7階部分
築年:2007年
敷金:1ヶ月(SOHO利用時変動有り)
礼金:なし
備考:24時間機械式換気システム、火災保険必須、保証会社利用可能、駐輪場あり(無料)
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top