渋谷区

渋谷道玄坂。スタートアップと共に創る新たな未来

[渋谷区/¥ASK/22㎡〜]

白を基調とした明るい空間に、木目の温かみが加わる清潔感ある空間。
今回は東急不動産が手がけるプロジェクト『SHIBUYAスタートアップ100』において作られた、スモールオフィスをご紹介します。
1.インフラ(場所)
2.資金
3.交流・事業開発
の3つを大きな軸としたプロジェクトは、スタートアップの成長に応じ初期段階から後期段階まで、革新的なビジネスの誕生に向けた様々なサービスをトータルに提供しています。
今回はそのインフラ部分です。
国道246号線沿いのこちらの物件。
白を基調とした外観のB1F〜3F部分が、スタートアップ用に整備された区画です。
スタートアップ向けのスモールオフィス、コワーキングスペースは『GUILD(ギルド)』と名付けられました。
その名称は、西欧の中世都市に組織された職業別組合のように、事業の急激な拡大という共通目標と優れた技術やアイデアを有するスタートアップが集い、切磋琢磨しながら成長を遂げる場所となってほしい、という願いをこめたものだそうです。(一部東急不動産HPより抜粋)
今回ご紹介する区画は階段を上がった2階部分。
空間デザイン会社DRAFT社が手がけたフロアは、外観からは想像できないほどデザイン性の高い空間です。
フロア案内など、細かい部分にも手を抜かず、空間を彩っています。
それぞれ違うサイズのスモールオフィスは、6〜15名程度が使用できる空間となっております。
テイストは同じで、家具もついています。天井は抜かれていることから3mほど確保され、大きな空間に仕上がっています。
一番大きな空間が国道側に面しており、取材日は生憎の天気でしたが、十分な明るさが確保されていました。
2階と地下1階には、それぞれサイズの異なる会議室が整備されています。
会議室の予約システムは、入居テナントのサービスを利用しているとのこと、この点はプロジェクトの3つめの軸である、交流・事業開発に絡んでくる部分かと思います。
共に事業を作り上げていこうとする、オーナーの意図も感じます。
トイレは男女別で整備済み。その他、自動販売機やコピー機も設置されています。
別フロアにはベンチャーキャピタルが入居しており、オーナー仲立ちのもと、積極的な交流が可能です。
この点も将来のIPOを見据えるスタートアップにとっては、非常に魅力的ではないでしょうか。
急速な成長を目指す方々にとっては、それを支援してくださる方のネットワークは欠かせません。
「新たな未来を創る」「イノベーションを起こす」そんな気概を持った方のお問い合わせをお待ちしております。

管理番号:S139152
賃料:相談
管理費:なし
住所:東京都渋谷区道玄坂1-16-6二葉ビルB1F〜3F
広さ:上記の通り
アクセス:JR各線・東京メトロ・私鉄各線「渋谷駅」徒歩5分
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
築年:1963年
敷金・保証金:3ヶ月
礼金:なし
備考:内装・家具備え付、24時間利用可能会議室有(有料)、複合機有(有料)、水光熱費・清掃費・WiFi利用費は賃料に含む、区画内耐震工事済

〈上記以外で契約時に掛かる主な費用〉
・仲介手数料(賃料1ヶ月分税別)
・前家賃(1ヶ月分)
・日割り家賃(月途中での賃料発生の場合)
・初回保証委託料(賃料合計の最大100%)
・火災保険料

The following two tabs change content below.
吉田 敬 Takashi Yoshida

吉田 敬 Takashi Yoshida

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、プロパティーマネジメントも担当。 埼玉県生まれ。立教大学を卒業後、大手証券会社、大手生保会社を経てトランスリアルに参画。
Return Top