千代田区

【工事中】永田町・溜池山王エリア、広々オーナー区画を大胆にリノベーション

千代田区永田町2丁目、メキシコ大使館前に重厚感ある低層のヴィンテージ物件がある。
元々は金属加工業で財を成したオーナーの住居区画、現在はオフィス仕様に大胆にリノベーション中となっている。
建築当時の良い部分を残しつつアップデートされる空間を想像していただければ幸いだ。
こちらはエントランスを入ってすぐの15.3帖の空間。
床材は明るめグレーの磁気質タイル、天井は躯体表しに白塗装で現代風にアップデート。
壁は現状の大理石をそのまま活かした仕様になる。完成後はこの様なイメージになる。
奥の7帖ほどの空間、床材は同じく明るめグレーの磁気質タイル。
壁と天井はボードで綺麗に仕上げて白塗装、洗練された雰囲気になりそうだ。
1Fと2Fをつなぐ階段と吹き抜けは基本的に往時の雰囲気を活かしたものになる。
天井にはアクセントととしてシャンデリアが設置される。
メインとなるのは2Fの広さにして約100㎡の部分。
こちらは様々な床材の切り替えでメリハリをつけた空間へと生まれ変わる。完成後はこの様なイメージ、無垢フローリングも通常の貼り方とヘリンボーン貼りでアクセントをつけている。
こちらの部分の35帖・約56㎡の空間は明るめの無垢フローリング、壁と天井は白塗装で仕上げられる。
開口部が大きいので明るい印象になるだろう。メインのワークスペースは二面採光、比較的ライトな色味のフローリングと白塗装壁で明るい印象になる。
こちらの約40㎡の空間は壁と天井は同じく白塗装、床材は重厚感あるレンガタイルで仕上げられる。
元々住居区画ということもあり、奥の壁にはオフィスとしてはややオーバースペックかもしれないが3口コンロとシンクが設置される。こちらのキッチンスペースはレンガタイルの床で雰囲気を変えていく。
キッチンスペース脇には8名程度の利用を想定したミーティングスペース。
デザインはキッチンスペースと同一となる。


https://www.soho-tokyo.com/nagatacho-soho-17587
こちらは以前募集していた、同じデザイナーによる同じビルの別部屋。
色味が若干変更になるものの、床材や天井などのイメージは近しいものになるはずだ。

管理番号:S126007
賃料:上記の通り
管理費:なし
住所:千代田区永田町2
広さ:上記の通り
アクセス:南北線・半蔵門線・有楽町線「永田町駅」徒歩4分、丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」徒歩3分
構造:RC造5階建て 1~2階部分
築年:1975年
敷金・保証金:上記の通り
礼金:上記の通り
備考:定期借家契約(2年間・再契約可能)、保証会社利用不可、火災保険加入必須、平置き駐車場2台あり(賃料に含む)
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top