港区

外苑前、バブル建築の雰囲気あるリノベSOHOで働く

[港区/110万~/138㎡~]

外苑前・青山一丁目エリア、ペントハウスSOHOとリノベオフィスの組み合わせの複合ビル。

南青山2丁目、外苑前と青山一丁目の間に佇むプレミアムでクリエイティブなリノベーションSOHO/オフィス。
天井現しや吹き抜け部分にシンボリックな大きな照明を設置し、海外のビンテージホテルのような雰囲気で来客者を心地よくおもてなしする空間設計。
住居兼事務所としてもオフィスとしてもその特別感ある空間を存分に活かしていただきたい。
重厚感ある深い緑色のタイルと一部鋼板で構成されたファサードデザイン。
最上階はドーム状になっておりペントハウスの存在を匂わせる。
ハイルーフタイプも対応可能なシャッター付きのガレージも1台分確保されている。
キーカラーは深緑とグレー、エントランスから世界観が構築されている。
特徴的な床面のタイルとグレーとグリーンのツートーンの壁が海外のビンテージホテルのような雰囲気を感じさせてくれる。
社員やお客様にとっても面白さを感じるエントランスだと思う。
B号室(1F・2F)は約60㎡のRoom1と約30㎡のRoom2のふた部屋で構成されるオフィスタイプ。
大きな約60㎡のRoom1は天井が高く、大きな窓の為に開口部が広く開放的に感じられると思う。
比較的ビジネスライクな雰囲気の内装デザインだが、無垢材の貼られた壁面と窓から垣間見える植栽がリラックス感を演出している。
約30㎡のRoom2は多彩な使い方が想像できる。
ミーティングスペースとしては10名以上は問題ないであろうサイズ感。
広さがあるのでスタジオのような利用の仕方も可能性がありそうだ。
C号室(2F・3F・4F)はルーフバルコニー付き、ペントハウス仕様の1SLDKプランのSOHOタイプだ。
グレーの高級感あるカーペットとヘリンボーンフローリングの組み合わせ。
二面採光と吹き抜けもあり明るいお部屋になっている。
メインのワークスペースになるであろうリビングはやはり深いグリーンがアクセントカラー。
10名程度のワークスペースとして、多くのフローリング部分をコミュニティスペースとするのがイメージしやすいだろう。
ミーティングルームは約20㎡の大きさ。
この物件の中では比較的オーソドックスなデザイン。
吹き抜け部分にはアンティークテイストの特徴的な照明が。
屋上にはウッドデッキバルコニー。
周囲は低層物件が多く、少し離れたところは青山霊園でほとんど視界を遮るものはない。
夕暮れ時には六本木方面の夜景が心地よく感じられるだろう。
2Fも3Fもトイレは2ヵ所、キッチンはミニマムなIHタイプだ。
3Fのみバスルームが設置されており、住居兼事務所としても活用できる設備となっている。
それぞれ個別でもセットでも借りることが可能。
2Fも3Fもストレージとなるスペースが多いので書類の多い業種にとっては嬉しいポイントになるだろう。
南青山アドレス、駅から程よい距離感、雑踏を離れて雰囲気の良い物件で働きたいという方にも是非ご覧いただきたい。
※2021年1月申込にかぎりフリーレント2ヶ月までご相談可能。
 

管理番号:S172082
賃料:B号室(1F・2F)¥1,110,000(別途消費税)
賃料:C号室(2F・3F・4F)¥1,300,000(非課税)
共益費:賃料に含む
住所:港区港区南青山2
広さ:B号室 138.25㎡
広さ:C号室 151.04㎡
広さ:B+C号室 289.29㎡
アクセス:銀座線「外苑前駅」徒歩5分、半蔵門線・銀座線・大江戸線「青山一丁駅」徒歩7分
構造・規模:RC造陸屋根地下1階付4階建て
築年:1989年
敷金・保証金:2ヵ月
礼金:無し
備考:普通賃貸借契約2年(更新料1ヶ月)、保証会社加入必須、駐車場あり(月額¥66,000)、2021年1月申込にかぎりフリーレント2ヶ月、諸条件ご相談可能

 
〈上記以外で契約時に掛かる主な費用〉
・仲介手数料(賃料1ヶ月分税別)
・前家賃(1ヶ月分)
・日割り家賃(月途中での賃料発生の場合)
・初回保証委託料(賃料合計の最大100%)
・火災保険料

The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングを担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top