杉並区

杉並区エリア、建築家による可変間取りのリノベSOHO

[杉並区/18万/38㎡]

建築家による自宅リノベーションSOHO、1R〜2LDKまで変化する空間を使いこなして。

築38年鉄骨マンション最上階8階10坪1LDKを建築家が購入し”自邸として”住居兼事務所にリノベーションしたSOHO物件。
コンパクトな空間の可能性を最大限に引き出し、多様性のある空間を生み出すことをコンセプトとして設計された空間だ。
デザインやリノベーションなどに対して感度が高い方に、ライフスタイルに合わせた空間作りを志向する方にご覧頂ければと思う。
交差点の角地に建つ今回の物件は1971年築のビンテージマンション。
建物の周辺環境条件が良いので南側開口部からの採光と南北の通風が良好であり、自然エネルギーで快適に過ごすこともできる物件だ。
数年前に外壁の塗装が行われてリフレッシュされている。
目の前にバス停があり、雨の日でも新宿まではほぼ濡れずに行き来出来るのは隠れた魅力と言えるかもしれない。
室内は約10坪の空間を1R〜2LDKまで変更できる間取りになっている。
小上がりのある部分に可動式の本棚を設置し、この本棚が壁の役割をしてくれる。
床はバーチ材の無垢フローリングを無塗装で、天井は横方向の奥行きを強調するために青鈍色に塗装されている。
小上がりの部分は寝室になったり、読書スペースになったり、ラウンジ的な機能もある。
パーティーなどで人を呼ぶと、皆不思議とこの小上がりに上がりたくなるのだとか。
夏は最上階の風通しの良さを活かしてオープンに、反対に冬は各スペースを分けることで暖房効率を上げる事ができるのが面白い。
小上がりの下の部分はまるまる収納となっている。
スキー板などの長物も入るサイズ感なのでミニマムな空間でも収納力をしっかり確保できている。
住居兼事務所の場合は生活感を上手く隠すのに一役買ってくれるだろう。
更にもう一段階仕切る事で書斎として使えるコンパクトな空間が生まれる。
ちょうど布団が敷けるサイズ感に設定してあるので来客が泊まる際にも重宝されるとの事。
室内集中できるように間接照明を使用。
壁はメモ書きが出来る様に黒板塗装やホワイトホードで仕上げられている。
全てをオープンにすると16帖のワンルームとなる。
ライフスタイルの変化や来客の有無など、シチュエーションに応じて空間を変化させらるのが何より魅力的だ。
細かなギミックにも驚かされる。
通常はテレビなどが置かれている半透明の引き戸の中はベンチシートが設置できたり仕事場にもなってしまう。
加えて、空間に合わせて作成したテーブルセット(テーブルx1、椅子x4)や、フィリップスタルクの椅子x2・ジャスパーモリソンのエアチェアx2などもそのまま利用できるので、家具を購入せずに初期費用を減らして仕事や生活を始めることも可能だ。最後にこの物件の購入の決め手となったのが最上階からの抜けた眺望ともある広め(9.10㎡)のバルコニー。
カリンのウッドデッキ敷のベランダ。
気候の良い日はよくベランダでよくご飯を食べていたとのこと。
90センチ程度は屋根が掛かっているので、少々の雨であれば問題ない。夜には新宿まで見渡せる夜景を堪能できる。

管理番号:S140292
賃料:¥180,000
管理費:なし
住所:杉並区和田1
広さ:38.4㎡(バルコニー9.10㎡の半分4.83㎡を含む)
アクセス:丸ノ内線「中野富士見駅」徒歩7分
構造:S造8階建て 8階部分
築年:1971年
敷金・保証金:2ヶ月
礼金:1ヶ月
備考:定期借家契約(2年間・再契約相談・再契約料なし)、保証会社利用可能、火災保険加入必須、サービス店舗利用ご相談

 

〈上記以外で契約時に掛かる主な費用〉
・仲介手数料(賃料1ヶ月分税別)
・前家賃(1ヶ月分)
・日割り家賃(月途中での賃料発生の場合)
・初回保証委託料(賃料合計の最大100%)
・火災保険料
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングを担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top