港区

西麻布、シンボルツリーと屋上が魅力的な一棟ビル

[港区/213万/291㎡]

Loading物件をブックマーク
管理番号:187976

西麻布の一棟ビル、屋上バルコニーと緑の薫る特別な居抜き空間。

港区西麻布4丁目、隠れ家レストランや高級住宅街の多いエリアの中にひっそりと佇む一棟ビルをご紹介しよう。
代々のテナントに居抜き利用され、その度に洗練された内装を追加していき、その価値が高まり続けている物件だ。
利用用途についてもある程度柔軟に相談可能、この物件が持つ唯一無二の雰囲気は是非一度ご覧頂きたいと思う。
建物の前には中心にシンボルツリーが鎮座。
石畳のひかれた庭は重厚感ある雰囲気の建物と高いレベルで調和している。
エントランスは吹き抜けとなっており4mほどの天井の高さがある。
コンパクトなスペースではあるが、ちょっとした撮影にも使えそうなのが嬉しいポイント。
1Fは元々フレンチレストランの厨房部分をオフィスへ変更した部分になる。
ワークスペースとしては5名くらいの広さになるだろうか。
中二階は吹き抜け部分に盆栽、モルタル床に躯体表しの無機質な空間にポツンと佇む盆栽のインパクトが面白い。
このまま利用するかについては熟慮が必要だが、ショールームなどの利用がイメージしやすいだろうか。
2Fはヘリンボーンのフローリングにモルタル床でメリハリのある印象のデザイン。
黒い壁の向こう側はミーティングスペースになっている。
ワークスペースとしてはフリーアドレスのレイアウトならば15名程度は問題ない広さだろうか。
窓沿いには造作のテーブルが作られている。 庭のシンボルツリーを眺めながらの仕事シーンを想像してみて頂きたい。
ミーティングスペースは1ヶ所、裏にはロッカースペースが作られているので個人的な荷物の保管にも役立ちそうだ。
床はモルタルで全体的に無機質な質感になっている。
3Fも無垢フローリングと天井躯体表しのデザインは同一。
小部屋がふたつ設置されており、ひとつはベッド付きという多少謎めいた仕様なのは気になるところ。
シャワーブースや簡単なキッチン付きで一応居住することも可能なフロアになる。
極め付けは抜ける感抜群の屋上バルコニー。
既にテーブルなどが設置された状態なので、仕事中の息抜きや青空の下でのランチやミーティングにも活用できる。
前テナントは1Fをアパレル業のオフィスやスタジオとしての利用、2Fをシェアオフィスとして、3Fはサロンと複合的な利用形態をとっていたらしい。
代々居抜きで空間がグレードアップしてきた今回の物件。
この空間をさらに磨きあげることができる入居者に出会えることを強く願いたい。

 

管理番号:S187976
賃料:¥1,939,520(税込 ¥2,133,472)
共益費:賃料に含む
住所:港区西麻布4
広さ:291.44㎡
アクセス:東京メトロ日比谷線「広尾駅」徒歩9分、日比谷線「六本木駅」徒歩12分
構造・規模:鉄筋コンクリート造 地上3階建 一棟
築年:1987年
敷金:10ヵ月
礼金:1ヶ月
備考:定期借家契約(3年間・再契約可能)、保証会社利用相談、火災保険必須、居抜き物件(設備面についてはご相談)

 

〈上記以外で契約時に掛かる主な費用〉
・仲介手数料(賃料1ヶ月分税別)
・前家賃(1ヶ月分)
・日割り家賃(月途中での賃料発生の場合)
・初回保証委託料(賃料合計の最大100%)
・火災保険料
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングを担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top