港区

品川。コンクリート製のデザイナーズ遊び場。

solar-house-konan-sohotokyo-eyecatch

品川。天高約6mの刺激的なデザイナーズSOHO。
1階がフリースペース、2階がオフィスという使い方無限大のメゾネット物件。

JR「品川駅」徒歩11分、りんかい線「天王洲アイル駅」徒歩13分、京急本線「北品川駅」徒歩18分。三駅利用可能。シーサイドのハイソなエリア。
solar-house-konan-sohotokyo-01
8階建の物件の1.2階部分。正面の出入り口横には大きなシャッターがあり、テントと看板はカスタマイズ可能。
solar-house-konan-sohotokyo-02
一階に広がるのはコンクリートに囲まれた天高約6メートルの吹き抜け非日常空間。この光景を見てワクワクしない人はいないのでは。
solar-house-konan-sohotokyo-03
以前は倉庫として使われていたそうだが、それだけじゃ勿体無い!
スタジオやショールーム、アトリエとしてはもちろん、ソファーやデスクを置いて映画に出てくるようなオフィスにしても。可能性は無限大。
solar-house-konan-sohotokyo-04
シャッターは開けなくても横にあるドアから出入りする事が可能。階段の素材も全体の雰囲気にマッチしている。その先には事務所と応接室につながるドアが。
solar-house-konan-sohotokyo-05
階段の上からの視点。天井の高さがわかっていただけると思う。上から見下ろす1階をどのような空間にするのか。
solar-house-konan-sohotokyo-06
2階の約40平米の事務所スペース。1階と同様、壁と天井はむき出しのコンクリートになっており、木製の棚が良いアクセントを加えている。床のタイルカーペットの色を変えると、大きく雰囲気が変わりそう。
solar-house-konan-sohotokyo-07
約8平米の応接室スペース。そのまま応接室として使うもよし、会議室やリラックスできるスペースにしても良さそう。住居兼事務所の生活スペースとして使うという、最高にかっこいい使い方も可能。
solar-house-konan-sohotokyo-08
水回りは清潔で機能的。バスタブはなくシャワースペースだけだが、更衣室はストレージとして使えるなど有効スペースを増やしている。コンパクトだがベランダもあり、喫煙スペースにできそう。
solar-house-konan-sohotokyo
滅多にお目にかかれない唯一無二の物件。品川駅11分というアクセスの良さも相待って、とても希少性の高い物件なのではないだろうか。
使い方は無限大、この物件でしか実現できないワークスペースになるはず。この無機質な空間がどのような変貌を遂げるのか楽しみである。
 
管理番号:S44626
賃料:¥334,800(SOHO利用時別途消費税)
共益費:¥21,600(SOHO利用時別途消費税)
住所:港区港南4
広さ:97.9㎡
アクセス:JR「品川」徒歩11分、りんかい線「天王洲アイル駅」徒歩13分、京急本線「北品川駅」徒歩18分
構造・規模:RC造8階建 1.2階部分
築年:2006年
敷金・保証金:3ヶ月
礼金:2ヶ月
備考:保証会社要加入、要抗菌代(27,000円)、要火災保険、看板設置要協議
The following two tabs change content below.
山西 隼平 Jumpei Yamanishi

山西 隼平 Jumpei Yamanishi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、企業VPのディレクションも担当。 愛媛生まれ。慶応義塾大学SFCにて映像制作を学ぶ。モバイルデバイスのセールスプロモーションを経てトランスリアルに参画。
Return Top