渋谷区

【条件変更】笹塚、ギャラリーとSOHO空間、セット利用の可能性

賑わいのある10号通り商店街を下りきり、一本裏手の住宅街にこの物件は佇んでいる。
元々はオーナーのこだわりを建築家が具現化した二世帯住宅+共用スペースとして建てられた物件。
これまでは1Fが貸しギャラリー、3Fが住居として利用されていたが、フレキシブルな用途が相談可能な条件で募集開始となった。
10号通り商店街は個人商店が軒を連ねており、昔ながらの名店から若い店主の個性がよく現れたお店までジャンルは幅広い。
裏手はひっそりとした住宅街、一目で一般的な住宅ではないことが伺えるファサードは控えめながらも主張が感じられる。
1Fは現在は貸しギャラリーとして運営している。
ギャラリーを構成する空間はシンプルに白で纏めてあるというイメージだがここは異なる。
変化を付けるにしても床を無垢材やモルタルで整えるのが一般的だが、大胆にも白と黒で構成したツートーンの空間だ。
建築家椎名英三が設計した空間は見る角度で空間の与える印象がまるで異なる。
白と黒の衝突は何を意味しているのか、そしてどんな事を問いかけたいのか。
利用用途は幅広く相談可能、ギャラリーや工房・教室など、ひっそりとした環境を生かしてクリエイティブに使っていただきたい。
セットでも分割でも利用可能な3Fへはこの螺旋階段を進んでいく。
2Fは住居利用なので迷惑のかからないような業種であれば諸々ご相談可能だ。
3Fは直近まで住居として利用していたらしい。
しかしシンプルなその佇まいはオフィスとしての利用が適しているのではないかと思わせてくれる。
4名程度は無理なく働くことができるスペース。
もちろん広めのワンルームを贅沢に居住用スペースとするのも捨て難い。
キッチンスペースはメインルームからは壁を隔てた向こう側にあり生活感を感じさせない。
バスルームとトイレは海外のホテルのような構成。
無機質でクールな雰囲気が格好良い。
貸主の第一希望は1Fと3Fの一括貸しとなる。
その場合は1Fをオフィスや店舗として、3Fを住居や事務所というイメージだろうか。
もちろん個々での募集も相談可能なので感度の高い空間を是非ともご覧いただきたいと思う。

 

管理番号:S114975
賃料:1F ¥183,600(税込)、3F ¥120,000(SOHO利用時別途消費税)
管理費:なし
住所:渋谷区笹塚3
広さ:1F:31㎡、3F:31㎡
アクセス:京王線「笹塚駅」徒歩6分
構造規模:鉄骨造 3階建 1階・3階部分
築年:2000年
敷金:1ヶ月(事務所・店舗利用の場合 2ヶ月)
礼金:1ヶ月
備考:保証会社利用可能、諸条件ご相談、飲食不可、サロン・教室等の利用可能、ギャラリー利用可能、工房・スタジオ利用可能、一括貸し希望、分割貸し相談
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top