渋谷区

【募集終了】代々木上原、ひっそりとデザイナーズSOHO。

apika-yoyogiueharaⅡ-502-room2-sohotokyo
「ひっそりとデザイナーズSOHO」というタイトルにしたのはこの物件が限りなく住居に近いため。
基本的には来客なし、セカンドハウスとして若しくは住みながら2・3人で働くといったスタイルに限定される。
代々木上原で住みながら働くといったスタイルをご検討の人の見て頂きたい。
apika-yoyogiueharaⅡ-outward-sohotokyo
井の頭通り沿いに立つ重厚な赤レンガのファサード。
青空との対比が美しい。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-room1-sohotokyo
大きなストゥディオタイプのワンルーム。
天井は一般的な住居よりも高めで3m弱はあるだろうか、むき出しの配管とスポットライトシンプルな室内だが、細かいギミックが随所に施されているのがSOHOに適した仕様で面白い。
まずは収納、ホワイトボード仕上げで色々なことを書き留めておくことが出来る。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-room4-sohotokyo
部屋を分けるテレビボードはテレビだけでなく、大きなディスプレイを設置しても良さそう。
部屋を大きく2つに分ける役目も持っている。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-room5-sohotokyo
テレビボードはこのように大きなワンルームを分けている。
住みながらのSOHOの場合は向かって右側はベッドルームにするのが良いだろうか。
あるいは打ち合わせスペースとしても良さそうだ。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-counter1-sohotokyo
ユニークなことに可愛らしいバーカウンターと椅子が設置されている。
ここで温かい太陽を浴びながらパソコンに向かうのもいいのかもしれない。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-counter3-sohotokyo
カウンターから部屋全体を眺めるとこの様な感じになっている。
少人数なら使いやすそう。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-kitchen-sohotokyo
立派なシステムキッチンは居住の際には重宝しそう、食洗機も付いているので時間の短縮が図れる。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-bathroom-sohotokyo
バスルームもシンプルに纏められている。
黒いシンクがクール。
apika-yoyogiueharaⅡ-502-sight-sohotokyo
井の頭通り沿いの物件なので部屋からの眺望は抜けている。
晴れた日にはご覧の青空と新宿副都心が見渡せる、なんだかんだ言って日当たりと眺望は気にされる方が多いのです。
apika-yoyogiuehara-502-sohotokyo
基本的には住居としての物件なので、会社登記とメールボックスの表記が出来ない。
とはいえどもセカンドハウスとして書斎的な使い方、または住みながらの2・3人のSOHO利用には適している物件。
代々木上原から徒歩3分という都心部へのアクセスの良さも考慮すると、ワークスペースとしての使い勝手、コストパフォーマンスの良さが魅力的だ。
 
 
管理番号:S9607
賃料:
共益費:
住所:渋谷区上原3
広さ:55.16

アクセス:小田急線・千代田線「代々木上原」駅 徒歩3分
構造・規模:RC造8階建て 5階部分
築年:1998年
敷金・保証金:
礼金:
備考:定期借家契約(2年:再契約可能)、火災保険加入必須、外国籍・ルームシェア相談可
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top