スタッフブログ

オフィス訪問:株式会社オンス様

スタッフの木内です。

北参道にあるウェディングムービーを中心に手がけているフィルムメーカーOUNCE様の新しいオフィスにお邪魔してきました。
代表の飯塚様がコレクションしているデニムをアイディアベースとしており、「西海岸のテーラーメイドデニム工房」をコンセプトにデザインされた空間をご紹介します。
オンスはデニム生地を計る単位、その中でもヴィンテージデニムは時間が経てば経つほど価値が上がります。
手掛けるウェディングムービーについてもそのようにありたい、そんな作り手の想いがブランドネームに込められています。
北参道徒歩1分、1Fと地下のメゾネットタイプで道路からダイレクトイン出来るタイプの物件です。
前回のオフィスもご紹介させていただきましたが、北参道エリアで3回目の移転となり、既に10数年このエリアでお仕事をされています。
1階はブランドの世界観を表現した「SHOP」、地下はデニム縫製工場を意識した作業スペース「FACTORY」という構成になっています。
人目に付く道路全面のガラス部分には手書きのロゴが。
カッティングシートでは表現できない手書きならではの味わい深いグラッフィックになっています。
まるでカフェのような雰囲気なので、ここでウェディングムービーの打ち合わせをするとは思えないかもしれません。
元々は一般的な内装のオフィス空間でしたが、OUNCE様の世界観が表現された空間に変わっており、その変貌に驚きました。
床は様々な色味でピッチの異なる古材をランダムに貼っています。
独創的な壁の色はデニムの色をイメージしており、ドラマチックで味わいのあるムービーを作りたいという想いが表現されています。
世界観を作り出すヴィンテージデニムのコレクション。
ヴィンテージミシンも置かれています。
「Film Your Story.」のブランドメッセージも手書きグラッフィックで味わいがあります。
作業スペースの地下は1Fと比べて作り込みすぎず、シンプルなデザイン。
電源内蔵型のデスクとベンチシートはオーダーメイド、スターバックスのテーブルをイメージしてオーダーをしたそうです。
スタッフは毎日出勤する訳ではないので固定席は設けず、まさにカフェで仕事をするようなイメージです。
地下ではありますがドライエリアは広め。
ウッドデッキと植栽で整えられており、息抜きのスペースとして活用されています。
OUNCEの世界観を理解して頂く為にはこの空間が大事だと思った、と話す飯塚代表。
クリエイターであるシネマトグラファーやフォトグラファー、そしてクライアントである新郎新婦が直接打ち合わせをするというのは業界では異例との事。
式が終わった後、何度でも見返してみたくなるような、ドラマチックで味わいのあるムービー。
それはヴィンテージデニムをコンセプトとしたこの空間での体験もプラスされ、より心に刻まれるのかもしれません。

飯塚様も現役のシネマトグラファーとして活躍されています。
その作風は一般的なウェディングムービーと比較して、トーンは抑えめ、そして陰影を強調した映画のようなドラマチックさを志向しているとの事。
「人生にはハレとケがあるからドラマチックなのだ」という想いがそのムービーにも現れていると感じました。

The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。

その他のスタッフブログ

Return Top