スタッフブログ

オフィス訪問:株式会社Immend様

Loading物件をブックマーク

スタッフの吉田です。
エレベーターを降りると、ソリッドなオフィスからカフェのような雰囲気に一変、そのギャップに驚きます。
今回はSOHO東京経由でオフィスのご契約をいただいた株式会社Immend様を訪問しました。

株式会社Immend(イメンド)*敬称略
代表取締役:竹田大昌*敬称略
HP:https://immend.wixsite.com/immend
業種:セールスプロモーション事業、コンサルティング事業など

エレベーターホールに降り立つと真っ先に目に飛び込む「Immend」のロゴ。
ガラス張りで本来は室内が見渡せますが、敢えて壁を設置しインパクト大です。
造作壁の上部に照明を設置し、ロゴを柔らかい光で照らす工夫が施されています。
ゆったりとしたエントランス部分に受付用のタブレットや電話機を設置。
今まではマンションタイプのオフィスにご入居されていたので、受付の雰囲気は今までとは一変。
企業の信用度も更に上がります。オフィスのガラス戸を開けると、正面には白い板張りの壁。一枚ごとに白塗装を行い、ボードの上に丁寧に貼られています。
カフェやビーチの一角を思わせる雰囲気。そして中央には照明付きの企業ロゴが。
こちら元々は冒頭のエントランスのガラス面に向かって設置を検討されていたとのこと。
ただガラスが逆に障害となってしまい、表面に綺麗にロゴが表示されないそうです。
やってみないとわからない、細かい部分の気づきが沢山あります。大小2つの会議室は、台形のフロア内のちょうど尖った場所へ設置。
デッドスペースになりそうな箇所を、壁の位置の細かい調整で使いやすい空間になっていました。
大会議室のテーブルの天板は立派な一枚板。ただこの幅は逆に汎用性があまり高くないとのこと、その分割安に購入できたそうです。
なるほど勉強になります。
エアコンや照明、火災警報器の追加工事のことも考慮し、欄間(壁の上の部分)をオープンにしているのも、内装工事を検討されている方にとっては注目すべきポイントですね。2名用の打ち合わせスペース。このサイズのテーブルとイスを設置しても窮屈にならない、絶妙な位置に壁が設置されていました。
平らな壁面にホワイトボードを設置。窓の向こうに高い建物はなく、見晴らしも良いです。こちらは執務スペース。ゆったりとしたスペースに大きさや高さなど、異なるテイストのデスク、テーブルが置かれています。
取材時は5名ほどがお仕事をされていました。床材は会議室のスペースと比べより明るい色味のものを採用したことで、空間がさらに明るく感じます。
目線の高さにある細長い窓が、空間の良いアクセントなるよう工夫がされている印象でした。 ちなみにこちらが元々の室内の様子。SOHO東京でもご紹介しておりました。
こんなにも雰囲気が変わるものですね。仲介させてもらった立場からすると非常に嬉しくなります。

代表の竹田さんにとって、初めてのいわゆる「オフィスビルタイプのオフィス」。
ご自身でイメージされた空間が形になった時、非常に感慨深いものがあったそうです。

マンションタイプからステップアップを検討されている方にとって、今回のImmend様のオフィス作りは良い参考になるのではないでしょうか。

個人的にImmend様とは長くお付き合いさせていただいたいてる分、改めて、嬉しい、楽しいオフィス訪問でした。
竹田さん、お忙しい中ご丁寧に御社オフィスをご案内して下さり、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
吉田 敬 Takashi Yoshida

吉田 敬 Takashi Yoshida

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、プロパティーマネジメントも担当。 埼玉県生まれ。立教大学を卒業後、大手証券会社、大手生保会社を経てトランスリアルに参画。

その他のスタッフブログ

Return Top