中央区

新富町3分、坪1.2万、一部内装付リーズナブルSOHO

[中央区/18万〜/53㎡〜]

Loading物件をブックマーク
管理番号:S215530

「新富町駅」徒歩3分、古き良きヴィンテージマンションで働く

東京メトロ有楽町線「新富町駅」徒歩3分、その他「築地駅」「東銀座駅」「銀座一丁目駅」「宝町駅」「銀座駅」が徒歩圏内。
オフィスらしいシンプルで清潔感のある事務所区画とSOHO区画、計4部屋をご紹介しよう。
外観はテクスチャが特徴的なスタッコ調の白い外壁に、ブルーの瓦屋根が爽やかな『秀和シリーズ』。
手すりがアクセントになっており、1971年築ヴィンテージの古き良き雰囲気が漂う。
最寄駅から徒歩3分圏内で人通りがあるが、比較的落ち着いた環境という印象を受けた。
まず最初にご紹介するのは102号室。事務所タイプで、221.85㎡の広さである。
内装はオフィスらしいホワイト基調にOAフロアの爽やかなワンルーム。
人数は40~50名想定。40名利用であれば会議室を2部屋追加で設置できそう。
長方形の間取りであるため、比較的自由にレイアウトが可能。
キッチンは収納スペース付で広々としている。
1Fのお部屋は通り沿いからダイレクトインできる仕様に。
続いてご案内するのは209号室。115.20㎡の広さの事務所物件である。
室内は、グレーを基調としたオフィスライクな内装。
玄関口入ってすぐのこちらのお部屋は来客スペースやカジュアルなミーティングスペースとしてお使いいただけそう。
奥には部屋があり会議室としてお使いいただけそう。
こちらの部屋は居抜き区画で、内装付きです。
メインのワークスペースは広々とした印象。正方形の間取りのため、レイアウトしやすそう。
人数は、18名想定。オフィスらしいデザインで作業が捗りそうだ。
次にご紹介するのは601号室で広さ53.95㎡のワンルームタイプ。
コンパクトな造りに壁面収納が豊富なお部屋となっている。内装はオフィスライクでシンプルなデザイン。
人数は17名前後といったところだろうか。
最後にご紹介するのは広さ53.95㎡の604号室。こちらは、SOHO募集のお部屋となっている。
玄関入ってすぐにメインのワークスペースがあり、19名想定の造り。
間仕切りを設ければ、部署ごとにお部屋を区切ることが可能。
白の占有面積が多いため、清潔感のある印象を与える。
お隣には、キッチンがあるコンパクトなお部屋。
会議室として造作したりリラックススペースとしてお使いいただける。
キッチンも白で統一されていてクリーンな印象である。
水回りは募集部屋ごとに数や造りに変動があるものの、全体的に管理の行き届いている印象を受けた。
詳細は下記図面を参考までに。
《102号室》
《209号室》《601号室》
《604号室》
築地駅や東銀座駅も徒歩圏内と、アクセス抜群の当物件。
外出の多い業種の方にもおすすめな物件といえるだろう。
こちらのエリアで物件をお探しの方は、ぜひご検討いただきたい。

 

管理番号:S215530
賃料:102号室/¥805,320(税込 ¥885,852)
   209号室/¥418,200(税込 ¥460,020)
   601号室/¥195,840(税込 ¥215,424)
   604号室/¥162,960(税込 ¥179,256)
共益費:なし
住所:中央区築地2
広さ:102号室/221.85㎡(67.11坪)
   209号室/115.20㎡(34.85坪)
   601号室/53.95㎡(16.32坪)
   604号室/55.89㎡(13.58坪)
アクセス:東京メトロ有楽町線「新富町駅」徒歩3分、東京メトロ日比谷線「築地駅」徒歩3分、東京メトロ日比谷線「東銀座駅」徒歩8分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」徒歩10分、都営浅草線「宝町駅」徒歩10分、東京メトロ銀座・丸ノ内・日比谷線「銀座駅」徒歩12分
構造・規模:鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根 地上12階建 1,2,6階部分
築年:1971年(2009年大規模修繕済)
敷金・保証金:6ヶ月
礼金:1ヶ月
備考:定期借家契約(102,209号室:5年間、601,604号室:年相談)、再契約料(新賃料の1ヶ月分)、保証会社原則必須、火災保険必須、管理人常駐
 
 
 
〈上記以外で契約時に掛かる主な費用〉
・仲介手数料(賃料1.1ヶ月分(税込))
・前家賃(1ヶ月分)
・日割り家賃(月途中での賃料発生の場合)
・初回保証委託料(賃料合計の最大100%)
・火災保険料
The following two tabs change content below.

辰口 雄樹 Yuki Tatsuguchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングを担当。 立教大学を卒業後、出版社でライフスタイル誌の企画、取材、撮影などに従事。同誌のウェブマガジン立ち上げ、コンテンツ制作を経てトランスリアルに参画。趣味は映画と音楽とトレーニング。
Return Top