港区

麻布十番、磯崎新氏が創り出す異世界への誘惑

[港区/220万/266㎡]

Loading物件をブックマーク
管理番号:S242165

麻布十番3分、磯崎新氏が設計した一棟レトロビル、唯一無二の世界観に魅了されて。

麻布十番駅徒歩3分、建築界のノーベル賞と言われる権威あるプリツカー賞を受賞歴のある数少ない日本人建築家である磯崎新氏が設計した本建物。
まるで教会のような荘厳な雰囲気とアトリエのような創造性に満ちた空間が融合した唯一無二の一棟ビル。
サービス店舗や事務所利用といった幅広い用途に適した本物件のご紹介です。
2023年5月にリニューアルされた本物件、麻布十番商店街を1本抜けた緩やかな坂の途中にひっそりと佇んでいます。
RC打ちっぱなしとメタル素材の無機質でスタイリッシュなファザードが麻布十番というお洒落なエリアに馴染みます。
天高約3.6mの地下区画は天井高が高いことで窓がないながらも閉塞感は感じにくいかと思います。
まるで秘密基地のような異空間は自然光は全く入りません。
その洞窟然とした空間でギャラリーやアトリエとしての用途がイメージしやすいでしょうか。
1階は通りに面したガラス張りでオープンなつくりであるためダイレクトインが可能な区画。
地下区画と併せて店舗やアトリエ・ギャラリーとして利用することができそうですね。
2階区画はシンプルな長方形のワンルームタイプ、ワークスペースとしては10名〜15名前後の利用がイメージしやすい区画。
コンクリートの無機質な空間なので観葉植物を置くことによって空間が華やかになりそうです。

3階区画は3室に分けられた住居仕様のフロア。
ミーティングスペースやリモートワークスペースなど幅広いニーズに対応できるかと思います。
この建物のメイン的存在である最上階の4階区画はアーチ型を描いた約5.4メートル程ある天井にと丸い窓が印象的。
窓からは柔らかな自然光が降り注ぎ、静けさと創造性が交差するラグジュアリー感がありこの物件独自の魅力が広がります。
贅沢な書斎としての利用やゲストを招く社交の場として利用するイメージでしょうか。
水回りはコンパクトではあるもののホテルライクでエレガントな印象です。
1Fはギャラリーや来客用などでしっかり見せつつ、他のフロアをオフィス+αの多目的用途としての機能面もしっかりサポートされている本物件。
一棟貸しや区画貸しなど、用途に合わせて柔軟に対応が可能です。
この建物の魅力を最大限に活かしつつ、オブジェやインテリアによって独自の個性を加えてみてはいかがでしょうか。

 

管理番号:S242165
賃料:¥1,930,000(税込 ¥2,123,000)
共益費:賃料に含む
住所:港区元麻布1
広さ:266.62㎡
アクセス:都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」徒歩3分、東京メトロ南北線「麻布十番駅」徒歩4分
構造・規模:RC造 地下1階地上4階建
築年:1979年
敷金:8ヶ月(償却2ヶ月)
礼金:1ヶ月
備考:定期借家契約(期間相談)、保証会社利用必須、火災保険必須、分割貸し相談可能

 

〈上記以外で契約時に掛かる主な費用〉
・仲介手数料(賃料1.1ヶ月分(税込))
・前家賃(1ヶ月分)
・日割り家賃(月途中での賃料発生の場合)
・初回保証委託料(賃料合計の最大100%)
・火災保険料
The following two tabs change content below.
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングを担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top