渋谷区

【募集終了】富ヶ谷、特異空間への誘い、見上げる天井。

tomigaya_apartments-LDK3-sohotokyo
※似た間取りの別部屋の写真です。ご参考ください。
 
渋谷や原宿が徒歩圏となる富ヶ谷一帯はクリエイターやアパレル関係者にとって人気の高い街となっている。
オシャレなショップやカフェなども多く、落ち着きがありつつも感度の高い生活が出来る、そんな印象の街だ。
今回の物件はまさにクリエイターのSOHO利用を想定したデザイナーズマンションだ。
tomigaya_apartments-outward1-sohotokyo
渋谷から見れば東急本店から富ヶ谷に続く通り、富ヶ谷交差点の手前を入った所に今回の物件がある。
黒く塗られた躯体は地面から僅かな角度を付け斜めのラインを描く。
tomigaya_apartments-LDK7-sohotokyo
比較的コンパクトな建物の中に入ると良い意味で予想を裏切る大きな空間が広がっていた。
白をベースとしたミニマムな空間。
デザイン上で洗練されているのはもちろんのことだが、空間の使い方に独特な物を感じた。
tomigaya_apartments-LDK6-sohotokyo
螺旋階段部分の吹き抜けがもたらす2フロア分の開放感。
メゾネット物件では比較的よく見られる構造であるが、モルタル壁に不均一に塗装された塗料がまるで雲の様な印象を与え、ふんわりと包まれているような感覚に陥る。
tomigaya_apartments-seiling1-sohotokyo
思わず天井まで見上げる。
どうしても床面積以上の雰囲気を感じてしまう。
tomigaya_apartments-kitchen1-sohotokyo
アンダーフロアの奥の方にはコンクリートの躯体感がよく表れているミニマムデザインのキッチン。
こちらも壁の雰囲気に合わせて不均一な塗装。
tomigaya_apartments-bridge-sohotokyo
螺旋階段を昇りアッパーフロアーへ。
階段から部屋まではブリッジが架けられ、さながら空中散歩といった気分だろうか。
この空間の緩い分け方は、職と住を同じ空間に兼ねる場合に上手く公私が切り替えられそうだ。
tomigaya_apartments-room2-sohotokyo
6帖ほどのコンパクトな空間には大きめの可動収納が設置されている。
居住する場合はベッドルームとして、事務所的な使い方の場合には打ち合わせ用のスペースとして活用できそうだ。
ブリッジの向こう側にはバスルームが設置されている。
tomigaya_apartments-bathroom-sohotokyo
バス・トイレ一体型のバスルームは白を基調に清潔感が漂う。
バスルーム左手には梯子が架けられており登ってみるとそこにはなんとロフトスペースが設けられていた。
tomigaya_apartments-loft-sohotokyo
ロフトのスペースは3帖ほど。
実用的に普段使わないものを収納するのはもちろんだが、アッパーフロアーからは見える位置にあるので何か作品を飾って魅せるのを意識しても面白いと感じた。
zumen
ロフト部分も含めれば3層分の高い天井が魅力的なのはもちろんのこと。
軽やかな印象を持つ螺旋階段やムラの残る壁の仕上げなど、造形的な空間にさらに造形的な要素がプラスされて実に個性的な空間になっている。
デザイナーなどのクリエイティブな方の感性を刺激する事は間違いないだろう。
 
 
管理番号:S12418
賃料:
共益費:なし
住所:渋谷区富ヶ谷1
広さ:45.75

アクセス:千代田線「代々木公園駅」徒歩4分、小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分、山手線「渋谷駅」徒歩15分
構造・規模:RC造4階建て 1階部分
築年:2006年
敷金・保証金:
礼金:
備考:
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top