スタッフブログ

いもり川暗渠探索、ちょっと昔を見つめて

DSC09859

いもり川暗渠から見た東京の街並み、ここ数年の変化。

先日(といっても2ヶ月くらい前)ぶらぶらと散歩、目的地は「いもり川」という暗渠。

青山学院大の敷地内が水源で、恵比寿と広尾の間にある臨川小学校のあたりで渋谷川に合流していた川。

広尾羽沢の高台の東側の谷をえぐるように進み、なかなか見所もあるようなので足を運んでみることにした。

DSC09866

冒頭のいもり川階段、結構段差があることにびっくり。

いもり橋という川が架かっていたのでこんなに高低差があるということらしい。

DSC09860

段を降りると左にハンドルを切るように蛇行。

DSC09865

300mほど下流から上流を眺めて。

舗装路面は当たり前だけれどもしっかり川の流れのようなルートを辿っていく。

DSC09864

羽沢の谷は思ったより深い、階段の先をずっと行くと日赤のある高台へと続いていく。

古い大谷石の擁壁と苔むした感じが良い感じ。

DSC09861

暗渠沿いやその付近は昔ながらの家々も残るが、最近は開発もされており新しいマンション等もちらほら見受けられる。

この物件などは間違いなくかっこいいのだけれども…

imori2005

こちらは同じ場所の2005年のショット。(東京の水2009 fragmets 様より)

坂道独特の空気感と風情のある塀があって個人的にはこちらの方がずっといい。

都心の一等地なので開発の波というのも仕事柄理解はしている。

DSC09862

先ほどのは反対側には「ザ・パークハウス広尾羽沢」がある、緑に囲まれたハイグレードな築浅のマンション。

この場所には豊かな森に囲まれた大正時代に建てられた日本家屋を利用した結婚式場、羽沢ガーデンが2005年まで営業していたらしい。

imori2005 1

在りし日の羽沢ガーデンの森(東京の水2009 fragmets 様より)

やはり個人的にはこの森の方が好きだし、見てみたかった。

ほんの数年とか10年ほどの間に東京の街もどんどん変わっていっているようです。

弊社のオフィスのある渋谷区桜丘町のビルもモロに再開発エリア、数年後には見慣れた景色も大きく変わります。

その時にはどのような気分になっているのでしょうか。

この暗渠沿いの景色の変化をみて、ふと考えさせれれました。

 

The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。

その他のスタッフブログ

Return Top