渋谷区

渋谷、眼前に鍋島松濤公園を眺めるSOHO

baru_shoto-201-park-04-sohotokyo
※11月下旬空き予定です。

ベランダから見えるのは鍋島松濤公園、緑のあるヒーリングライフを楽しむデザイナーズSOHO。

かつて佐賀鍋島藩の下屋敷があった松濤。
中でも自然の湧き水を利用した池一帯は屋敷の庭園とされ、現在も緑の残る公園として周囲の住民の憩いの場となっている。
そんな松濤公園のすぐ脇に佇むSOHO物件、ベランダからはすぐ裏手にある公園を一望できる。
渋谷にいながら借景を愉しめる贅沢なコンパクトSOHO利用可能物件である。
baru_shoto-facade-02-sohotokyo
公園を囲む道沿いにを歩いていると、落ち着いた雰囲気の築浅物件に出会う。
ウッド素材が所々に配され、建物外観のアースカラーと公園の緑の調和が楽しめる。
baru_shoto-201-room-05-sohotokyo
室内は土壁を連想させる落ち着いたアースカラーの塗り壁と板張り、フローリング。
baru_shoto-201-room-07-sohotokyo
大きくワンルームとして使用しても良いし、仕切りを利用すれば廊下・寝室・リビングと分けて利用出来る仕組みになっている。
baru_shoto-201-room02-sohotokyo
渋谷駅徒歩圏、築浅でコンパクトなSOHO物件は希少な存在だ。
松濤公園脇という立地もあるのかもしれないが、ゴリゴリのデザイナーズではないのも雰囲気があって好感が持てる。
baru_shoto-201-kitchen-01-sohotokyo
キッチンはコンパクトなタイプで邪魔をしない。
baru_shoto-201-bathroom-01-sohotokyo
トイレ・バスルームは黒を差し色に高級感を感じさせる作り。
 
baru_shoto-201-sohotokyo
渋谷の地にありながら緑が溢れる希少な環境。
歴史ある松濤の地でのSOHOライフはいかがだろうか。
 
 
管理番号:S16265
賃料:
¥195,000(事務所利用時別途消費税)
管理費:¥3,000(事務所利用時別途消費税)
住所:渋谷区松濤2
広さ:40.58㎡
アクセス:山手
線・他各線「渋谷駅」徒歩9
構造規模:RC造地上3階建て 2階部分 
築年:2012年  
敷金・保証金:2ヶ月
(事務所利用時3ヶ月)
礼金:1ヶ月
備考:保証会社利用可能、火災保険加入必須
The following two tabs change content below.
山西 隼平 Jumpei Yamanishi

山西 隼平 Jumpei Yamanishi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、企業VPのディレクションも担当。 愛媛生まれ。慶応義塾大学SFCにて映像制作を学ぶ。モバイルデバイスのセールスプロモーションを経てトランスリアルに参画。
Return Top