港区

芝浦。新たなランドマークから新しい船出を。

the_harbour_shibaura-704-room-13-sohotokyo
1990年代以降から今なお再開発の進む芝浦エリア。
変わりゆく芝浦の街並みを見守ってきた、築40年のビルが「Elegant&Vintage」をコンセプトに新たに生まれ変わりました。
1階からカフェ&ダイニング、オフィス、アパートメント区画で構成され、まるでホテルのようなファシリティ。
今回はSOHO相談可能なアパートメント区画のお部屋をご紹介します。
the_harbour_shibaura-facade-09-sohotokyo
「田町駅」からビジネス街を抜けると、周囲とは雰囲気の異なるホテルライクな外観が姿を現します。
建物のサイドには名前が刻まれていることもあり、クライアントの方にもアナウンスし易いのではないでしょうか。
the_harbour_shibaura-facade-12-sohotokyo
エントランスはレトロな雰囲気も併せ持つ、上品な門構え。
写真右手部分がカフェ&ダイニング区画で、春のオープンに向け順調に工事が進められていました。
オープン後はより人の集まる華やかな場所になるはず、今から楽しみですね。
the_harbour_shibaura-704-room-20-sohotokyo
海外ホテルのような室内は41.22㎡の広さで、3〜4名での利用に適したサイズ。
もともと居住用としてリノベーションされていますが、SOHO利用でも使い勝手の良い、綺麗な間取りです。
レトロな床材、剥き出しになった天井やダクトがよりヴィンテージ感のある空間へと仕上げていますね。
the_harbour_shibaura-704-kitchen-04-sohotokyo
キッチンスペースはカフェを彷彿とさせるデザインに。
カウンターの下は収納になっているので、雑然としがちなキッチン周りもスッキリと保って頂けます。
the_harbour_shibaura-704-balcony-04-sohotokyo
横幅のあるバルコニーからは芝浦の街並みと植栽の緑が鮮やかなプロムナードが望めます。
前面の建物とは距離があるので、適度な日差しが室内へと入り込みます。
the_harbour_shibaura-704-wic-03-sohotokyo
収納力のあるウォークインクローゼットも完備。
お荷物の多い業種の方や、住みながらの利用を検討されている方にも安心です。
the_harbour_shibaura-704-bathroom-sohotokyo
バスルームもコンセプトに従い、ホテルライクな装いです。
シャワーブースのみにすることで水周りはコンパクトに、その分ワークスペース部分の広さをしっかりと確保することが出来ています。
 
運河と街を繋げ、芝浦の街を盛り上げる”新たな港”として誕生した「THE HARBOUR」で、新たな船出をされてみませんか。
 
THE HARBOUR_Aタイプ間取り図
管理番号:S51980
賃料:¥162,000
管理費:¥8,000
住所:港区芝浦4
広さ:41.22㎡
アクセス:JR山手線「田町駅」徒歩8分、都営浅草線・三田線「三田駅」徒歩9分
構造規模:鉄筋コンクリート造地下2階地上4階建 4階部分
築年:1976年
敷金:1ヶ月
礼金:0ヶ月
更新料:新賃料の一ヶ月相当分
備考:保証会社加入要、家財保険加入要、事務手数料 ¥700/月(税別)、耐震補強済み、エレベーター有り、3階共用ミーティングルーム利用可、フリーレント有り、入居者限定屋上利用可能
The following two tabs change content below.
二石 尚子 Naoko Futatsuishi

二石 尚子 Naoko Futatsuishi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングを担当。 埼玉出身。大妻女子大学卒業。不動産ポータルサイト大手でシステムの企画・運用業務に従事した後、トランスリアルへ参画。 好きなものは間取り図とパンクバンド。
Return Top