渋谷区

【募集終了】千駄ヶ谷、サンルームのあるヴィンテージオフィス

barbizon_3-301-room-02-sohotokyo

北参道6分、千駄ヶ谷の1970年代に建てられたヴィンテージ物件。特徴的なサンルームが付いた賃貸オフィス。

千駄ヶ谷2丁目にあるヴィンテージオフィス。
1970年代に多く見られるL字型のガラス窓が特徴的な建物のフォルム、築年数は古めだが管理が行き届いた、一般的で綺麗めの物件と思いきやリノベーションされた室内にはサンルームが。
晴れの日はもちろんのこと、四季を身近に感じることができるオフィスというのは魅力的ではないだろうか。
barbizon_3-facade-02-sohotokyo
外観はタイル張りで重厚感のある印象、嫌みのないベージュのカラーリングが街並みに溶け込んでいる。
千駄ヶ谷駅・原宿駅・北参道駅のほぼ中間という立地、周囲は落ち着いた雰囲気でオフィスビルも混在する住宅街だ。
barbizon_3-301-room-01-sohotokyo
エントランスを入ると直ぐに現れるサンルームの部分。
床材はヘリンボーン張りの木目調シート、適度な高級感とサンルーム特有の開放感を持ち合わせており、ミーティングや接客用のスペースに良さそうな空間になっている。
barbizon_3-301-room-06-sohotokyo
メインのワークスペース全体的にコンサバティブなデザイン、天井には新たにライティングレールが配されており自由に照明をカスタマイズできる。
このヴィンテージ物件の特徴のひとつであるL字型の大きく取られた開口部を活かしたレイアウトを考えたいところだ。
barbizon_3-301-room-07-sohotokyo
ワークスペースとしては10人程度であれば無理なく使用できるだろう。
床材はフローリングの方がデザイン性が高いのはいうまでもないが、実用性はやはりカーペーットタイプに軍配があがる。
更にデザイン性を重視するのであれば、必要に応じて床材や照明のカスタムを考えてみても良いかもしれない。
印象はガラリと変わるはずだ。
barbizon_3-301-barcony-01-sohotokyo
バルコニーは2ヶ所、社内に喫煙者がいらっしゃる場合はこちらで。
周囲は低層の建物が多いので意外と抜け感がある。
barbizon_3-301-kitchen-01-sohotokyo
水回りは今回のリノベーションで新品へ交換済み、ミニキッチンはシンプルでコンパクト。
barbizon_3-301-toilet-01-sohotokyo
トイレはタンクレスで専用手洗いも設置。
barbizon_3-301-sohotokyo
千駄ヶ谷という立地を考えるとアパレル系のオフィスというのがこの物件において最右翼のターゲットとなるだろう。
そうは言えども複数沿線使用可能な立地なので、業種を問わず、サンルーム付きのヴィンテージオフィスという味わいを感じて欲しいと思う。
 
 
 
管理番号:S20743
賃料:
管理費:
住所:渋谷区千駄ヶ谷2
広さ:70.22㎡
アクセス:副都心線「北参道駅」徒歩6分、山手線「原宿駅」徒歩11分、総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩9分
構造規模:RC造地上4階地下1階建て 3階部分 
築年:2003年  
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社利用可能、住宅総合保険加入必須
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top