世田谷区

桜新町。ビル最上階、天井高最大6mの特異空間。

床面積は250㎡超、メゾネットタイプの室内は、中央に階段があり、吹き抜けは最大天高約6m。至るところに大理石が使用され、イミテーションではありますが室内に木が植えられています。
桜新町にある特異とも言えるこちらの物件が、この度募集開始となりました。
ここをどう使うか。この後の写真とともに一緒に考えていければと思います。
国道246号線沿いのこちらの建物。外観は赤茶色タイル張りで重厚な印象です。
募集区画がちょうど首都高速と同じくらいの高さですが、室内は非常に静かでした。
玄関から入って最初に広がるのがこちらの約30帖ほどのリビングルーム。
床は現在カーペットですが、内装変更も予定しており早いタイミングであれば内装の相談もできるかもしれません。
オフィス利用でこちらを執務スペースとする場合でも10名程度は使用できるのではないでしょうか。オレンジ色の壁は和紙が使用されていました。
部屋の中央にある大きな吹き抜け、高さは最大6mほどあります。
十分すぎる程の自然光が差し込み、日中は電気が要らないかもしれません。
キッチンが近いので、テーブルを置いて休憩スペースにするとよりリラックスができそうです。
4階部分から見下ろしてみました。
オフィスでこのような景色を拝めることは滅多に無いですね。
木をどう扱うかにもよりますが、大きな壁もあるので、ぜひここで色々なアイディアを試していただきたいです。
4階部分には階段から左右に2部屋あります。
こちらの洋室は主寝室として使われていたのでしょうか。
バスルームやトイレが隣接しているので、住みながらお仕事をされる方には、プライベートスペースとして使いやすそうです。
反対側には8帖の和室。こちらは敢えてこのままテーブルやコタツを囲んでミーティングに使用するのはいかがでしょうか。
非日常の空間は、ブレストの場に適していると思います。
3階にはこのような吹き抜けのテラスもあります。少し遺跡のような趣もありますが。。
ちなみにこちらは外です。取材日は雨上がりだったため、床には水気が残っていました。
主審室には大きなルーフバルコニーが。向こう側は閑静な住宅街。戸建てが多いため視界が開け、大変気持ちのよいバルコニーです。
広々とした玄関部分。こちらも非常に贅沢な造りです。写真奥にはトイレと洗面台があり、動線的に来客用のトイレとして使いやすそうな設計になっています。
寝室脇にある水廻りスペース。バスルームは2面採光で大変明るいです。
 
 
 
もともと居住用の仕様ですが、事務所としての利用も相談可能。
広々としたリビングを執務スペースにするのも良し、敢えてソファーなどを増やしてよりオープンな空間にすることも面白そうです。
フリーアドレスにすれば、気分転換に階段に座ってノートPCで作業するなんてことも可能です。
 
この間取りに加えて、非常に割安とも言える賃料は、この物件の底知れぬポテンシャルをより際立ててくれます。
皆様のイメージをこちらの物件で表現されてみてはいかがでしょうか。
 
管理番号:S55402
賃料:¥750,000(SOHO・事務所利用時別途消費税)
管理費:なし
住所:世田谷区深沢8
広さ:256.25㎡
アクセス:東急田園都市線「桜新町駅」徒歩10分、東急田園都市線「用賀駅」徒歩12分
構造:鉄筋コンクリート造地上4階 3/4階部分 
築年:1989年
敷金・保証金:2カ月
礼金:なし
備考:要火災保険加入、ペット飼育相談可
The following two tabs change content below.
吉田 敬 Takashi Yoshida

吉田 敬 Takashi Yoshida

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、プロパティーマネジメントも担当。 埼玉県生まれ。立教大学を卒業後、大手証券会社、大手生保会社を経てトランスリアルに参画。
Return Top