中央区

【募集終了】茅場町、アイランドキッチンのリノベオフィス

the_parkrex_koamicho-3F-room5-sohotokyo
 
中央区茅場町。
大きなワンルームとアイランドキッチンが特徴的なリノベーションオフィスをご紹介しよう。
イメージは5人程度のIT/デザイン系オフィス。
使用人数の割に比較的大きな箱、クライアントを招いて定期的にパーティーをしてみてはいかがだろうか。
the_parkrex_koamicho-outward4-sohotokyo
新大橋通り沿いの角地に立つこちらの物件、4駅5沿線利用可能というバツグンの立地である。
1Fにはカフェが入る予定。
この角地は今後賑わいそうだ。
the_parkrex_koamicho-entrance1-sohotokyo
ある程度人が出入りすることも考慮してエントランス周辺は物件のレトロさを上手く活かしてリノベーションが施された。
メールボックスや社名の表示版にもこだわりが見える。
the_parkrex_koamicho-entrance2-sohotokyo
the_parkrex_koamicho-entrance3-sohotokyo
ある程度人が出入りすることも考慮してエントランス周辺は物件のレトロさを上手く活かしてリノベーションが施されている。
ヴィンテージライクな可愛らしい照明がお客様を迎える。
自然と期待感が高まっていく。
the_parkrex_koamicho-3F-kitchen-sohotokyo
エレベーターの3Fのボタンを押す。
フロアに入ると右手に見えるのは大きなアイランドキッチン、キッチンエリアはフローリング張りで仕上げられている。
オフィスの専属コックは社長、ゆったりとランチを食べながらミーティングというのも面白いではないか。
the_parkrex_koamicho-3F-room2-sohotokyo
広い。
自由なレイアウトを可能にするワンルームに心が騒ぐ。
the_parkrex_koamicho-3F-room6-sohotokyo
オフィスの入口側を奥に見る。
私なら社長の机はこの辺りに置きたい、明るく開放的な気分に浸ろう。
the_parkrex_koamicho-3F-room7-sohotokyo
躯体があらわになった抜かれた天井、ラフにクリア塗装が施された床は少し男らしく粗々しい印象。
一方で壁は白く丁寧に塗られ、大きな窓から差しこみ光との相乗効果で柔らかい印象だ。
それぞれが極端で特徴的だが、全体的に見てみるとバランスの良さが見て取れる。
the_parkrex_koamicho-3F-flooring-sohotokyo
工程上やむを得ない理由で均一に塗装できなかった床だが、これはこれで良い。
そう思えるのはリノベーションオフィスだからなのか。
それともデザインの妙か。
the_parkrex_koamicho-3F-toilet-sohotokyo
大きめのオフィスに嬉しい男女別トイレ。
派手ではないが清潔感があり好印象だ。
 
the_parkrex_koamicho-3F-sohotokyo
このキッチン付きオフィスには型にはまらない思考を持った会社がよく似合う。
特徴のあるオフィスを上手く使ってクライアントと社員が楽しめる場は間違いなく素敵だ。
専属シェフの腕、社員の企画力で楽しい空間を作り上げて頂きたい。
 
 
管理番号:S12798
賃料:
共益費:
住所:中央区日本橋小網町11
広さ:126.62

アクセス:日比谷線・東西線「茅場町駅」徒歩4分、半蔵門線「水天宮前駅」徒歩6分、日比谷線・浅草線「人形町駅」徒歩6分
構造・規模:RC造8階建て 3階部分
築年:1972年
敷金・保証金:
礼金:
備考:定期借家契約3年(再契約可)、火災保険必須、水道メーター検診のため月一回程度の入室があり
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top