港区

【募集終了】南青山、建築化照明を織り込んだリノベオフィス

南青山5丁目、素材感と光で魅せるヴィンテージリノベオフィス。

港区南青山5丁目、言わずと知れた骨董通り沿いに生まれたリノベーションオフィス。
”建築照明”と呼ばれるジャンルのベルギーの照明メーカー「Modular」製の建築と一体化した、機能的かつ光を主役にしたデザインが魅力的な物件だ。
1972年に建てられた大型ヴィンテージマンション。
骨董通り沿いなのでこのエリアに働く人たちにとっては最早お馴染みと言えるだろう物件だ。
築年数は古いが直近で耐震補強が施されており、立地だけでなく安全面でも訴求性が高い。
入り口のドアを開けた瞬間現れるのは、マンション共用部からは想像のできないリノベーション空間。
元々は住居区画だったスペースをオフィスとして使い勝手の良いワンルームにしている。
床は土足対応可能・キャスター付きイスに対応可能、一般的な物よりもラフな使い方ができるオーク材の無垢フローリング。
天井は躯体表しでヴィンテージ物件特有の荒々しさを表現、白塗装の壁面にする事で全体的にラフな方向に行き過ぎないようにバランスさせたデザインだ。
ワークスペースとして考えた際は6〜10名程度の利用になるだろうか。
6名程度であれば手前のエントランス側にミーティングスペースを設けても良いだろう。
骨董通り沿いに配置された窓からはテンポ良く光が差し込んでくる。
無垢床に映り込む自然光も時にはデザインとして捉えることができそうだ。
左:「Modular」の照明は無骨な雰囲気ながらアームを伸ばしたり曲げたりする事で、柔軟に照らす方向や距離感をカスタマイズする事ができる。
右上:ビーム状の間接照明も空間を彩るアクセントだ。
右下:エントランスはモルタルの土間仕様、そのまま土足利用でも良いし穿き替えても良い。
骨董通り沿いの9階に位置しているので眺望は抜けている。
時には窓を解放させて、光と共に風を招き入れてみてはどうだろうか。
90㎡以下の物件では珍しいことにトイレは2ヶ所用意されている。
デザイナーの配慮が嬉しい。
70㎡弱コンパクトなオフィスには少々強気な賃料設定かもしれない。
しかし表参道・南青山アドレス、駅までのアクセスも良く静かながらもしっかりとした主張のあるデザインを持ったオフィスはそうそうに出会えるものではない。
最後に、イニシャルコストは比較的お手頃なので、このチャンスに手を挙げてみてはいかがだろうか。
 
 
管理番号:S73228
賃料:
管理費:
住所:港区南青山5
広さ:68.82㎡ 
アクセス: 半蔵門線・銀座線・千代田線「表参道駅」徒歩6分
構造規模:RC造地下1階地上13階建 9階部分
築年:1972年
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社利用必須、火災保険加入必須
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top