その他

【募集終了】空間の拡がりを感じるリノベSOHO、荻窪1分

mansion_ogikubo-403-room-01-sohotokyo

荻窪駅徒歩1分のヴィンテージマンションをリノベーション、スチールガラスの採用で広さを感じさせる空間へ。

ヴィンテージ物件の素地の良さ、使用する建材の素材感を活かしたデザイナーの意匠が光る今回の物件。
1LDKのプランニングも使いやすく、中央線沿線でリノベ物件を探している方には是非一度見ていただきたい物件です。
mansion_ogikubo-facade-01-sohotokyo
今回の物件はJR荻窪駅から徒歩1分というという立地。
駅からはバスロータリーを抜けて青梅街道を渡るだけ、来客へのアナウンスも簡単ですね。
mansion_ogikubo-403-room-02-sohotokyo
室内は12.6帖と5.7帖の1LDKタイプ。
床にはオークの無垢材を使用し、天井や壁は白塗装でシンプルながら上質な印象を受けます。
mansion_ogikubo-403-room-09-sohotokyo
ほぼ正方形のLDKは4人程度であれば悠々と使用できる広さ。
SOHO・オフィス利用の際に頭を悩ませる事になるレイアウトに関しても自由自在です。
mansion_ogikubo-403-kitchen-02-sohotokyo
キッチンは2口タイプのIHタイプ、床材にも使われている無垢材をポイントで使用しており一体感があります。
下の部分が開いているのでこのスペースもうまく使えますね。
mansion_ogikubo-403-room-04-sohotokyo
LDKともう一つのお部屋との仕切りはスチールガラスを採用。
この開口部があるだけで随分変わる空間の拡がり、奥のお部屋に面したバルコニーから適度に自然光を取り入れる事が可能になっています。
mansion_ogikubo-403-room-07-sohotokyo
コンパクトですが5.7帖のお部屋はとても明るい印象です。
収納も多く、ベッドルームとしても優秀と感じました。
mansion_ogikubo-403-room-06-sohotokyo
オフィス使用であれば気持ちの良い明るい空間を活かして社長室にするのも良さそう。
mansion_ogikubo-403-barcony-01-sohotokyo
建物の裏手は低層の住宅街。
4Fのお部屋でも眺望はある程度の抜け感を感じる事ができます。
mansion_ogikubo-403-bathroom-010-sohotokyo
リノベーションに際してバスルームやトイレなどの水周りも新品にリニューアルされています。
mansion_ogikubo-403-sohotokyo
SOHO・オフィスであれば4~6名程度のクリエイティブ系に適しているように思えます。
サロン利用も可能なので中央線駅近の立地は集客力も申し分ないのではないでしょうか。
中央線沿線でここまで素材感のレベルが高いリノベ物件は希少な物件です、お早めの内見をお勧めしたいと思います。
 
 
 
管理番号:S34433
賃料:
共益費:
住所:杉並区天沼3
広さ:47.50㎡
アクセス:中央線・丸の内線「荻窪駅」徒歩1分
構造:鉄筋コンクリート造7階建 4階部分
築年:1981年
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社利用必須、火災保険加入必須、店舗利用応相談(飲食不可)、償却1ヶ月、駐輪場1台無料、バイク置き場(¥5,000/台)、耐震補強工事済み(2016年)
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top