渋谷区

【募集終了】西新宿五丁目、切り替え可能な空間とデザイン

nikenya_apertment-402-room-08-sohotokyo

西新宿五丁目駅から徒歩2分、緑道沿いのデザイナーズ賃貸マンション。SOHO利用に適した仕切り扉付き、空間の切り替わった物件。

広くとられた白いタイル張りのエントランスエリア。
フラットに続く13.5帖の無垢材を使用したリビング。
タイル部分には4.6帖の広さがありダイニングテーブルを置いたり、またSOHO利用時はミーティングなども出来る。
使い方を限定しないフレキシブルなデザインとプラン、2~3人程度の利用であれば入居者の好みに応じて楽しめることだろう。
nikenya_apertment-402-facade-05-sohotokyo
元々河川であった緑道沿いに佇む当物件、外観はRC打ちっ放しをベースに部分的にガルバリウム鋼板を使用。
各住戸のベランダ部分にはプライバシーを配慮して黒のルーバーが横に走り、デザイン上のアクセントとなっている。
nikenya_apertment-402-room-10-sohotokyo
室内に入ると一般的な玄関と言える部分が無い。 
フラットなレベルで300角の白いタイルの貼られたエリアと、ナラ材を使用した無垢フローリングのエリアが切り替わる。
大きなワンルームとしての利用もデザインに変化があって面白いと言えるだろう。
nikenya_apertment-402-kitchen-01-sohotokyo
ミニマムデザインのキッチンはその配置が特徴的だ。
足元から天井まで大きく開いたガラス扉に向かって配置されている。
数多くのデザイナーズSOHOを見ているがこれは初めて見るレイアウトだ。
nikenya_apertment-402-room-03-sohotokyo
無垢床部分は長方形の整形プランでとても使用しやすい。
大きな開口部からは光が入ってくるので開放感を感じるだろう。
大きめの棚も設置されているので収納を新たに買い足す必要も無さそうで、スタートアップ期のオフィスとしては非常に優秀そうだ。
nikenya_apertment-402-room-06-sohotokyo
透明な仕切り扉で空間を仕切ることも出来る。
ミーティングとワークスペースを分けたいというニーズにもしっかり対応できる。
あえて透明にすることでコンパクトな空間に奥行きを持たせて窮屈に感じさせないデザインだ。
nikenya_apertment-402-bathroom-01-sohotokyo
トイレとバスルームは一体型で清潔感のある白のモザイクタイルを使用。
 
zumen
 
この空間をどのように使うか。
利用者それぞれの解釈のために余白部分、フリーな部分を作り出したデザインを楽しみたい。
タイル部分は土間的な解釈もありだろうし、全体的に大きなワンルーム的な利用方法もコンパクトな空間ながら多様なデザインを楽しめる。
3人程度の利用であれば、非常にフレキシブルに対応できるので一見の価値がある物件のように思う。
 
こちらの写真は似たタイプのお部屋のものです。間取り図をご参考ください。
 
 
管理番号:S18603
賃料:¥
管理費:¥
住所:渋谷区本町3
広さ:42.70㎡ 
アクセス:大江戸線「西新宿五丁目駅」徒歩2分
構造規模:RC造4階地下1階建 2階部分
築年:2003年
敷金・保証金:
礼金:
備考:火災保険加入必須、保証会社利用必須、床暖房付き
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top