港区

【募集終了】南青山の戸建てSOHO、交差するデザイン空間

tombo_house-room-11-sohotokyo
青山一丁目駅から徒歩3分。
大きな都営アパートの裏側は交通アクセスの良い駅近くでありながら、住宅とオフィス・店舗が混在する静かな環境となる。
そんな希少な立地に建ち、独特の存在感を持つSOHO利用が可能な賃貸戸建て物件。
屋上付きのメゾネットタイプの間取りは空間が交わりダイナミックさと開放感のある印象になっている。
tombo_house-facade-01-sohotokyo
外観からはどちらかといえばファニーで可愛らしい印象を受ける。
狭小な土地に建つ都内では一般的な戸建て物件のようだが室内はなかなか興味深いものになっていた。
tombo_house-room-01-sohotokyo
室内に入ってすぐに現れる天井高5mはあろうかという吹き抜け空間。
ヘリンボーン柄の無垢フローリング、少しレトロなデザインの扉など随所から感じ取れるヴィンテージの洋館のようなデザイン。
tombo_house-room-15-sohotokyo
10帖ほどの空間だが自然と頭上、そして奥へと視線が誘導される。
そのせいか圧迫感を感じることは少ないだろう。
tombo_house-bathroom-01-sohotokyo
スケルトンのバスルーム、トイレの部分はカーテンで目隠しができるのでご安心を。
とは言えカーテン一枚なので、メンバー同士が気の置けない仲間というのが重要になってくる。
tombo_house-room-08-sohotokyo
奥には同じく10帖ほどの空間がある。
鉄骨部分がむき出しの天井は竿縁を思わせるデザイン。
こちらには事務所仕様のミニキッチンがセットされているので、下の階をオフィスにして上の階を住居としても面白いだろう。
tombo_house-room-09-sohotokyo
階段を上がっていく。
上下階をつなぐ階段は適度に抜け感を保っているので、階段を上る際にも立体的なデザインを体感できる。
tombo_house-room-10-sohotokyo
階段を登りきって吹き抜け部分を覗き見る。
ヘリンボーン床の美しさに見とれてしまう。
tombo_house-room-13-sohotokyo
奥へ行くと20帖のLDKがある。
三角屋根で少し天井が高くなっており、良い雰囲気。
ここも屋上へと続く階段があり立体感を加速させる。
tombo_house-kitchen-01-sohotokyo
キッチンは広くとられており、食品関係などキッチン付きオフィスにこだわる方には必見と言えるだろう。
tombo_house-roofbarcony-01-sohotokyo
更に階段を上がって屋上へ。
周囲は低層なので見晴らしが良い。
水道も設置されているので多様な利用方法が想像できる。
minamiaoyama_tombo_house-sohotokyo
プライベート感の強い戸建てタイプのSOHOオフィス。
少し古い洋館のようなデザインは南青山の地にマッチしているように思う。
ペットも相談可能、まるで家にいるかのようなリラックスしたオフィス空間にするのも悪くないだろう。
メゾネットタイプで屋上付きという空間構成にも大きな魅力を感じさせてくれる。
 
 
 
管理番号:S16169
賃料:
共益費:
住所:港区南青山1
広さ:73.71

アクセス:銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」徒歩3分
構造・規模:RC造3階建て 2/3階部分
築年:2001年
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社利用必須 、総合住宅保険加入必須、ペット相談(敷金積み増しあり)、屋上にトイレあり
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top