港区

【募集終了】南青山、名物ヴィンテージマンションの居抜き区画

rapport_minamiaoyama-111-facade-sohotokyo

南青山5丁目、その存在を知る人も多いであろう名物ヴィンテージマンション、視認性の高い店舗利用可能な居抜き賃貸物件。

港区南青山5丁目、表参道駅にも程近いこのエリアはアパレルの店舗やおしゃれなカフェなどが集まる言わずと知れた流行の発信源である。
その中でも南青山ならではの雰囲気を感じる瀟洒なレンガタイル、この特徴的な外観のヴィンテージマンションに見覚えのある方は多いと思う。
以前はブライダル関係のサロンが入居していた物件、今回は居抜きでのご紹介である。
rapport_minamiaoyama-111-room-02-sohotokyo
室内は白い塗装壁、床はヘリンボーンのフローリングを敷き詰めている。
ヴィンテージマンションのデメリットになりがちな比較的低めの梁、そこには経年感のある木材があしらわれておりデザイン上のポイントを作っている。
rapport_minamiaoyama-111-room-03-sohotokyo
そこまで広くはない空間ではあるが、綺麗な整形タイプのフロアなので使い勝手は良いと思う。
通り沿いの1Fの角に位置するお部屋なので、視認性もとても高い。
rapport_minamiaoyama-111-room-07-sohotokyo
出窓からは道行く人の流れが確認できるし、何より道行く人の目線上にある物件なので広告効果もきっと高いのだろう。
rapport_minamiaoyama-111-room-08-sohotokyo
脇にはコンパクトなサイズ感のお部屋がある。
メインのスペースをショールームや店舗区画とするのであれば、こちらはバックヤードや事務所区画に最適な大きさである。
rapport_minamiaoyama-111-toilet-01-sohotokyo
お手洗いはヴィンテージ感を感じさせつつも、清潔感を感じさせる仕上がり。
古い物件だからという心配は杞憂に終わるだろう。
rapport_minamiaoyama-111-barcony-01-sohotokyo
バルコニーは必要最低限だが、あるとなしでは大違いで抜け感もある。
最新の商業施設とこの物件の様なヴィンテージマンションが混在して町並みを作っている、南青山ならではの空気感を体感することができるだろう。
rapport_minamiaoyama-111-entrance-01-sohotokyo
ちなみに入り口はなぜか二つ、元々は二つの居室だったものをひとつにした物件なのかもしれない。
ホワイト基調のメインスペースに繋がる入り口と、ひっそり隠し扉の様な個性的な壁紙の入り口を使い分けてみても良いだろう。
rapport_minamiaoyama-111-sohotokyo
 
南青山5丁目、アパレルの流行の中心地といっても過言ではないこの立地を活かしてみてほしい。
アパレルのショールームや美容系の店舗、ウエディングサロンなどが容易にイメージできる。
次はいつ出るかわからない人気物件、早めの内見をご検討された方が良いだろう。
 
 
 
管理番号:S21778
賃料:
管理費:
住所:港区南青山5
広さ:59.98㎡ 
アクセス:千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道駅」徒歩4分
構造規模:RC造3階建地下1階建て 1階部分
築年:1978年
敷金・保証金:4ヶ月(償却2ヶ月)
礼金:1ヶ月
備考:普通賃貸借契約2年、保証会社利用必須、短期解約違約金あり(1年以内の退去時に1ヶ月分)、契約時事務手数料¥10,000
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top