豊島区

【募集終了】目白、憩いの庭と安らかな気持ちを育むSOHO

アパートメント鶉 外観
周囲をかつて「鶉山」と呼ばれていた目白の住宅街、由緒正しい学習院大学の北側といえば分かりやすいのかもしれない。
池と周囲の樹々を囲むように配置されたテラスハウスタイプのデザイナーズ物件、左官仕上げの外壁は伝統的な日本家屋の土壁を思わせる、デザイナーズSOHO物件としては珍しい木造タイプ。
戸建てのような側面を持つテラスハウス形式とこの物件独特の雰囲気を生かし、都会の別荘のようなイメージで使っていただきたい。
apartment_jun-B2-room-02-sohotokyo
今回の物件は2LDKタイプの間取りで、1Fにバス・トイレと2ベッドルーム。
フローリングにはラオス松の無垢材を使用し、外壁にイメージを重ねたベージュ色のAEP塗装といった内装デザイン。
強く主張するデザインではないかもしれないが、計算されたバランス感が非常に味わい深い。
apartment_jun-B2-room-13-sohotokyo
階段を昇ると2Fには約19帖のLDK。
真ん中に立つ柱と三角屋根が特徴的な空間だ。
apartment_jun-B2-room-11-sohotokyo
木材の持つ質感の良さが前面に感じられる。
照明も明るすぎることなく、優しい色調であることが分かるだろう。
apartment_jun-B2-japaneseroom-02-sohotokyo
LDKの奥には約5帖の和室が用意されている。
椅子と机での仕事に疲れたらこの空間で一息入れるのはいかがだろうか。
なんとも言えない趣深さを感じることができるだろう。
apartment_jun-B2-kitchen-01-sohotokyo
キッチンは充実のガス3口タイプ。
腰より高い位置に設定された収納棚のおかげでリビングの目線からは上手く隠れるようになっている。
apartment_jun-B2-room-03-sohotokyo
バス・トイレは木材に囲まれた空間。
壁の塗料には柿渋が使用されるこだわり。
apartment_jun-B2-facade-03-sohotokyo
緑を湛えた敷地内の一角には貸しギャラリースペースが設置されており、時折ミニコンサートや展覧会が開かれることもあるという。
apartment_jun-B2-sohotokyo
都会の喧騒の中でバリバリ働くといった環境とは異なり、ここへ来ると思わず気持ちが和らぐであろうそんな物件。
周囲に流されることなく、良い意味でマイペースを貫けるオトナに選んでいただきたい。
業種としては作家や文筆業、イラストレーターなどのオフィス/アトリエなどが向いているように感じられた。
 
※物件の性質上不特定多数の方が出入りする業種はNGです。
 住居兼事務所・セカンドハウス利用がおすすめです。
 
 
 
管理番号:S16530
賃料:¥
管理費:¥
住所:豊島区目白2
広さ:101.71㎡
アクセス:山手
線「目白駅」徒歩6分、副都心線「雑司が谷駅」徒歩3分
構造規模:木造地上2階階建て 
築年:2002年  
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社利用必須、
住宅総合保険加入必須、屋外平置き駐車場(¥27,000/台 要空き確認)
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top