品川区

【募集終了】目黒のデザイナーズSOHO、変わりゆく街並みと共に

seed_hanabusayama-305-facade-02-sohotokyo

目黒駅前の再開発エリアに隣接したハイグレードなデザイナーズSOHO。

目黒駅から徒歩3分、由緒ある邸宅地「花房山」に昨年竣工したばかりの築浅デザイナーズマンション。
二つの建物の間には中庭が広がり、一階には様々な業種の店舗が入っているエントランスアプローチ。
その重厚な雰囲気の中にも空間を贅沢に使用することで生まれた軽快感が漂う。
店舗区画と住居区画とSOHO区画が一つとなった、ターミナル駅に程近い好立地ならではのパッケージと言えるだろう。
seed_hanabusayama-305-facade-03-sohotokyo
外観はRC打ちっ放しに一部金属パネルを配してアクセントをつけたデザイン。
周囲は邸宅街で、ここは元々古い洋館が建っていた土地だったという。
建物の周囲には当時からの樹々が聳え立ち、年齢を重ねた樹々の緑と新しい現代建築のコントラストがこれまた贅沢に感じることだろう。
seed_hanabusayama-305-room-01-sohotokyo

SOHO利用を念頭に置いた素材の選別、デザインされた室内。

室内は合理的に「SOHO利用」をテーマにデザインされているように感じられた。
床は当サイトでも珍しいゴムタイルを使用。
フローリングは確かにお洒落で今の空気感にマッチしているが、オフィス仕様のキャスター付きの椅子を使用すると傷んでしまうという欠点がある。
ある程度気兼ね無く、尚且つスタイリッシュに働きたい方にマッチするだろう。
seed_hanabusayama-305-room-12-sohotokyo
天井はRC打ちっ放し、床の黒いゴムタイルでモノトーンになりがちだが、差し色はグリーンのアクセントカラーの塗装壁。
さらに木の素材感が新鮮なスライディングウォールを設けることで室内空間に適度な変化をつけている。
seed_hanabusayama-305-room-09-sohotokyo
各部屋3面採光を実現した空間になっており開放感を感じることができる室内。
広くとられた開口部の先に見えるのは目黒駅前再開発エリア、新築オフィスやレジデンスが立ち並んでいる。
seed_hanabusayama-305-bathroom-01-sohotokyo
バス・トイレやキッチンは室内からは見えないように配慮された作り。
住居タイプの物件をSOHO利用する際には少なからず気になるポイントであるが、こちらの物件は流石にスタイリッシュにまとめられている。
 
seed_hanabusayama-305-sohotokyo
SOHO利用に適した約23帖のワンルームプラン。
オーナー様の意向でSOHOの場合も5名程度の利用に留めていただきたいとの事。
スペースに余裕を十分に感じながら、この空間を楽しんでいただきたい。
 
 
 
管理番号:S17341
賃料:
共益費:
住所:品川区上大崎3
広さ:59.28㎡
アクセス:山手線・南北線・目黒線「目黒駅」徒歩3分
構造・規模:RC造5階建て 3階部分
築年:2014年
敷金・保証金:2ヶ月
礼金:なし
備考:住居契約、保証会社利用、火災保険加入必須、屋外駐車場あり(¥43,200/台)
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top