その他

蔵前、一棟倉庫物件をリノベーションするという贅沢な選択

リノベーション可能な一棟倉庫、イーストトーキョー蔵前の地で。

蔵前のリノベーション可能な一棟倉庫物件をご紹介しよう。
内装へのイニシャルコストはかかるものの、倉庫ならではの素地の良さを活かしたリノベーションオフィスは他にはない空間が手に入るはずだ。
外観はヴィンテージ感ある赤茶色が特徴的な。
蔵前エリアでも隅田川を渡った立地で周囲は静かな雰囲気になっている。
1Fはいかにも倉庫らしいグリーンのリノリウム床、天井高は3.3mの開放的な空間だ。
内装は全て残置物になるが、完全なスケルトンではないので完成後の姿が比較的想像しやすいかも知れない。
2Fは同じような倉庫風の内装、天井高のみ3.1mと若干低くなるがそれでも開放感のある素地の良さが魅力的だ。
3Fと4Fはオフィスとして利用されていたスペースで天井高は2.5mと一般的。
こちらは天井を落としてラフな質感をアピールしたい。
抜け感が抜群の屋上は現状は通常使用が難しいとの事、ここは惜しいポイントだ。
トイレは各階に設置済み、好みによって少し整える必要があるかも知れないが必要十分な設備。
 
 
管理番号:S107612
賃料:¥2,139,400(税込み)
共益費:なし
住所:墨田区本所1
広さ:770.57㎡
アクセス:大江戸線・浅草線「蔵前駅」徒歩7分
構造・規模:鉄骨造 地上4階一棟
築年:1964年
敷金・保証金:6ヶ月
礼金:1ヶ月
備考:保証会社利用可、業種ご相談可能
 
次回更新日:2018/11/23
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi
SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。フルマラソンはサブ4ランナー。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める一面も。
Return Top