文京区

後楽園、文人の薫りと対照的なRC打ち放しオフィス

文京区後楽園・春日エリア、明治文化人ゆかりの地に佇むコンクリート打ちっ放しオフィス。

文京区小石川、明治・大正期の文化人が居を構えていたこのエリア。
明治時代に創刊された短歌雑誌「アララギ」、その編者のひとり島木赤彦の下宿跡地に今回の物件はある。
明治文化人ゆかりの地とは対照的な雰囲気のコンクリート打ちっ放しオフィスをご紹介しよう。
最寄り駅は東京メトロ後楽園駅・都営地下鉄春日駅でそれぞれ徒歩7分という距離感。
コンクリート打ちっ放しの外観は現在的な印象、周辺は文京区らしい閑静な住宅街だ。
室内はコンクリート打放し、床はフローリング仕様の50.8㎡の空間。
大きな窓はスタイリッシュな印象に一役買っており、自然採光も十分だ。
ミーティングスペースを設けず、フリーアドレスを採用すれば8名程度までのワークスペースとなりそうだ。
個別のデスクを想定している場合は、部屋がくの字型になっているので机の置き方など工夫を凝らす必要がありそうだ。
デザイン系の事務所やスタジオ利用にもいいだろう。
照明は白昼色の蛍光灯のみなので、置き型照明などで部屋に温かみを加えてもいいかもしれない。
事務所としては十分な水回り、トイレ内に手洗い台があるのは良いポイント。
事務所としては珍しいシャワールームも必要十分な広さだ。
 
 
現代的なオフィス、コンクリート打放しの雰囲気が好みの方にはぴったりの物件であると思う。
対照的に、文化人のゆかりの地であったというのも面白いのではないだろうか。
 
 
 
管理番号:S100911
賃料:¥199,800(税込)
共益費:なし
住所:文京区小石川2
広さ:50.8㎡ 
アクセス:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩7分、都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩7分
構造規模:鉄筋コンクリート造 地上3階地下1階 2階部分
築年:1989年
敷金・保証金:6ヶ月
礼金:1ヶ月
備考:普通借家契約(2年間)、駐車場あり(¥32,400/1ヶ月)
The following two tabs change content below.
栁澤秀太

栁澤秀太

長野県長野市出身、明治大学で経済学を学ぶインターン。 物件のファインディング・プロモーションを担当。 特技は高校まで続けた野球、趣味は野球観戦・ランニング、見かけによらずかつて白球を追っていた好青年。
Return Top