新宿区

神楽坂。閑静なエリアで仕事と向き合う。

vague-303-room-26-sohotokyo

神楽坂エリア、メゾネットタイプのデザイナーズマンション。モルタル床の無機質空間をSOHO利用で。

玄関を入ると目に入るのは、グレー、ホワイト、ブラックの三色からなる空間。3〜4階のメゾネットタイプの3階部分は床がモルタル仕上げになっています。今回はこの無機質な空間をご紹介します。
vague-facade-08-sohotokyo
設計は数々の受賞歴がある北山恒+architecture WORKSHOPが担当しています。大きなガラスを使うのが特徴的で、こちらの物件にも存分に盛り込まれています。
場所は新宿区、牛込神楽坂エリア。周辺は住宅街に囲まれ、大変静かな環境です。1階部分の玄関前のアプローチは橋の様で特別感もあります。
vague-303-room-23-sohotokyo
3階の手前部分は一番大きなスペースが取れるエリア。人が集まるにはこのエリアがベストでしょう。デスクを置いて執務スペースにしたり、ソファやテーブルを置いて打ち合わせスペースにしたりということも良いと思います。デスクは3~4人分は十分収まるのではないでしょうか。
vague-303-room-19-sohotokyo
壁に沿ったアイアンの階段から4階部分へ。キャットウォークで2つのスペースを行き来できます。
お部屋の中央が吹き抜けになっているのはメゾネットタイプの中でも少数派ですね。
vague-303-storage-03-sohotokyo
階段を上がった最初のスペース。取材時は可動式のクローゼットがありました。スペースが少しあるので、何かに使いたいですね。
ぜひ色々なアイディアを試してみてください。
3階部分と違い4階部分は白の塩ビシートを床材として使用していて、また少し雰囲気が変わります。
vague-303-room-15-sohotokyo
反対側のスペースは約5帖のお部屋。住居を兼ねる場合は、恐らく寝室になるエリアでしょう。取材時は曇り空でしたが、こちらの窓は南向き。気持ちのよい日射しが入ってきそうです。オフィスの場合は作業に没頭する空間としてはいかがでしょうか。
vague-303-kitchen-02-sohotokyo
3階部分の奥にはキッチンスペース。キッチンの天板も作り手のこだわりを感じます。キッチン前には、4人がけのテーブルを置く十分なスペースがありますので、ランチタイムには人が集まりやすいのではないでしょうか。
vague-303-bathroom-05-sohotokyo
水回りはゆったりとした1つの空間に全てまとまっています。オフィス利用を検討されている方には贅沢すぎる広さに感じるかもしれません。設備は全て白で統一され、清潔感を保っています。
zumen
静かな環境で仕事をしたい方には素晴らしい環境。歩くことが苦にならない方なら15分も歩けば利用する駅の選択肢も広がりますね。
 
管理番号:S25420
賃料:¥205,000(SOHO利用時別途消費税)
共益費:¥10,000(SOHO利用時別途消費税)
住所:新宿区二十騎町
広さ:51.89㎡
アクセス:都営大江戸線「牛込神楽坂」駅 徒歩6分、東西線「神楽坂」駅 徒歩10分、南北線・有楽町線・JR「市ヶ谷」駅 徒歩14分
構造・規模:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造5階建て 3・4階部
築年:2003年
敷金・保証金:2ヶ月(事務所利用時4ヶ月)
礼金:1ヶ月
備考:駐輪場(無料)・バイク応相談、火災保険必須、ペット飼育・一時預かり禁止、石油・ガスストーブ等使用禁止、退去時:原状回復費+ハウスクリーニング代実費負担
The following two tabs change content below.
吉田 敬 Takashi Yoshida

吉田 敬 Takashi Yoshida

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、プロパティーマネジメントも担当。 埼玉県生まれ。立教大学を卒業後、大手証券会社、大手生保会社を経てトランスリアルに参画。
Return Top