渋谷区

【募集終了】原宿と表参道の空を眺めるデザイナーズSOHO。

モデリアブリュット表参道3F共用部|SOHO東京
※7月末退去予定の物件です。
 
世界中のトレンドが集まる原宿エリア、そんな流行の発信地の特徴として商業地と住宅地が入り組んでいることが挙げられる。
オシャレなアパレルショップの脇に一般的な民家があるという景色が見られるのはキャットストリート周辺ならでは。
そんなキャットストリートの路地裏、デザイナーズ共同住宅のフロンティアである谷内田章夫氏設計のデザイナーズペントハウス。
クリエイター必見の情報ではないだろうか。
モデリアブリュット表参道外観|SOHO東京
地上3階、地下2階、縦に区切られた5つの棟が独立しながらも連結された、一見シンプルながらダイナミックなデザインの外観。
ドアを開けて外界へ、ものの数十歩でキャットストリート、更に歩みを進めていくと表参道と刺激にあふれた毎日を送れそうだ。
モデリアブリュット表参道303号室中央に螺旋階段|SOHO東京
室内はのコンセプトはシンプルでニューラルな空間、住む人のカラーを尊重した結果だろう。
コンパクトな部屋の中心部分、屋上バルコニーへと続く螺旋階段がアクセントだ。
モデリアブリュット表参道303号室キッチン|SOHO東京
キッチンは独立した空間でコンパクトな居室の妨げにならないのが嬉しい所だ。
モデリアブリュット表参道303号室バスルーム|SOHO東京
バスルームはデザイナーズ物件の特徴とも言えるスケルトン仕様、こちらはビューバスになっているので最上階からの景色を眺めながらのひとときを楽しめる。
モデリアブリュット表参道303号室螺旋階段からの光|SOHO東京
屋上のテラスへと続く螺旋階段の部分は吹き抜けになっており、優しい光が差し込む。
モデリアブリュット表参道303号室ペントハウス上部テラスからの眺め|SOHO東京
螺旋階段を抜け、ペントハウスからルーフバルコニーへ出ると原宿にいながらのこの開放感を味わえる。
仕事の合間の一休みに、見るだけでもうひと頑張りできそうなそんな景色が広がっていた。
モデリアブリュット表参道3F共用庭|SOHO東京
止めの一撃、3F居住の人に開放された屋上の庭園。
青空の下、季節の変わり目、気持ちのよい晴れの日にはここで何も考えない時間を設けてみても良いのかもしれない。
東京の流行の発信地とは思えない程の静かさ、このギャップに心惹かれてしまう。
モデリアブリュット表参道303号室図面|SOHO東京
室内プランとしてはコンパクトな設計のため、多くても2人程度の仕様がハマるのではないか。
デザイン・設計等クリエイティブ系の職種が力を発揮できる物件だと思う。
抜群の眺望を楽しむための、書斎・セカンドハウス的な使い方も考えられる。
つくづく贅沢な話である。
 
 
管理番号:S9271
賃料:
共益費:
住所:渋谷区神宮前5
広さ:34.71

アクセス:千代田線「明治神宮前」駅 徒歩6分、千代田「表参道」駅 徒歩9分、山手線「渋谷」 徒歩10分
構造・規模:RC造3階地下2階建て 3階部分
築年:2012年
敷金・保証金:
礼金:
備考:ペット可(敷金1ヶ月積み増し)、エレベーターなし
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top