渋谷区

【募集終了】明治神宮前、歴史的建築のポテンシャルと行く末

villa_bianca_206-room-01-sohotokyo

半世紀以上神宮前エリアに佇む名物物件の最後の賃貸募集、唯一無二の物件でメモリアルイヤーを迎えるという贅沢を。

神宮前エリアに点在するヴィンテージマンション群の第一号として生まれた今回の物件。
前回の東京オリンピックが開催された1964年に生まれ、そして2020年を迎える頃に契約終了となるなんとも言えないメモリアルな物件だ。
villa_bianca_206-facade-04-sohotokyo
この物件は50年以上も前からこの場所に佇んでいるということになる。
一つ一つの住戸が雁行状に無造作感を持ちつつ積み上げられているファサードは、1964年築とは思えない新鮮かつモダンなデザイン。
個人的には背後に写る2000年代に建てられたビルよりも目を引いているように思う。
villa_bianca_206-room-02-sohotokyo
今回の募集区画は長くカフェとして使われていた店舗・事務所区画だ。
現在はかつてのカフェの内装は取り払われ、経年変化を感じる荒々しい躯体を晒したスケルトン状態になっている。
villa_bianca_206-room-04-sohotokyo
直前まで飲食店舗であったので厨房設備用の空間がぽっかりと口を開けている。
事務所として利用する際にはこの空間をどのようにして利用するか工夫がいるだろう。
villa_bianca_206-room-08-sohotokyo
全体的にではないが一部天井高は3mほど。
梁ははやや太めに感じるが、壁の半分ほどの面積がハイサイドのガラスウォールになるので閉塞感は感じないだろう。
villa_bianca_206-room-07-sohotokyo
明治通り沿いの視認性に優れた区画、アパレルのショールームなども良いかもしれない。
期間限定という面を考慮して壁天井はこのスクラップ感をうまく生かし、作り込む部分を床のみとしてメリハリをつけた空間作りを目指してみてはいかがだろうか。
villa_bianca_206-toilet-01-sohotokyo
スケルトン物件ではあるがトイレは2つ残されている。
清潔で特に取り替えるようなレベルではないがウォシュレットは未対応。
villa_bianca_206-room-012-sohotokyo
1Fの20㎡ほどの倉庫スペースもセットでの貸し出しになるので荷物が多い業種も問題ないだろう。
villa_bianca_206_207-sohotokyo
 
この物件の建替計画次第ではあるが、この区画の賃貸募集自体はおそらく今回が最後になりそうだ。
今後何年間入居可能かどうかは流動的ではあるが、様々な文化人が居を構え事務所を構えてきた不思議な魅力を是非とも味わっていただきたい。
 
 
 
管理番号:S47562
賃料:
共益費:
住所:渋谷区神宮前2
広さ:171.68㎡
アクセス:山手線「原宿駅」徒歩10分、千代田線・副都心線「明治神宮前駅」徒歩8分、副都心線「北参道駅」徒歩8分
構造・規模:RC造8階地下2階建て 2階部分
築年:1964年
敷金・保証金:
礼金:
備考:定期借家契約3年(再契約可能)、火災保険必須、保証会社利用可能、駐車場・駐輪場なし、トイレ2ヶ所、軽飲食ご相談可能、建替計画あり、基本的に原状回復義務なし
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top