世田谷区

445㎡。羽根木の自然と共存する大型テラスハウス。

fort_hanegi_1F4

新代田5分、新しい働き方を提案する大型ホームオフィス。

今回は世田谷区羽根木からSOHO利用可能な約450㎡の大型テラスハウスを紹介します。
fort_hanegi_outside1
fort_hanegi_outside3
羽根木は豊かな自然と住宅地が共存することからデザイナーや建築家に愛され、意匠性の高い物件が多く見られるエリアです。緑の小径にギャラリーやアトリエが見え、どこか異国にいるような気分にさせてくれます。
fort_hanegi29
fort_hanegi11
設計は大江匡氏。敷地の原風景である植生を壊さず、共存することをテーマにしたプランです。
fort_hanegi_1F4
こちらはテラスと中庭から光が入る25畳のお部屋。直線的で固いファサードの印象とは反対に、まるで森の中に住んでいるような穏やかな空気感です。
fort_hanegi_1F5
fort_hanegi_kitchen
キッチンは海外仕様の本格派。SOHOならパーティやレセプションにも対応可能な設備です。
fort_hanegi_1F1
fort_hanegi_1F2
リビングとダイニングはひと続きで40畳の広さ。自然光が射す静かな仕事場になりそうです。
fort_hanegi_porch
エントランスの吹き抜け。植物でワンクッション置いた光は、鮮やかに2Fまで届きます。
fort_hanegi_2F1
階段を上がり、2Fのお部屋を紹介していきます。
fort_hanegi_2F2
fort_hanegi_2F5
fort_hanegi_2F6
各部屋は中庭を囲む形で配置され、大きな窓を備えています。個室でありながら、どこかオープンに互いの気配を感じらる仕掛けです。
fort_hanegi_2F3
fort_hanegi_bath1
fort_hanegi_2F4
fort_hanegi_bath2
2Fのお部屋に紐付く形で、バスルームは合計3つ。欧米住居のように、ゲストを迎え入れる余裕のある空間と設備です。
fort_hanegi_2F7
fort_hanegi_balcony2
屋上からは羽根木の街並みを一望する気持ちの良い風景が広がります。
fort_hanegi_balcony1
手前の竹と奥の広葉樹は屋上を越えて高く伸びています。この屋上の光景からも物件が緑と共存していることが伺えます。
fort_hanegi12
ホールに戻り、最後にB1Fを紹介していきます。
fort_hanegi_B1F8
B1Fには車一台分のガレージとランドリールーム、多目的室、ストレージなどの生活機能が効率的に収められています。
fort_hanegi_B1F5 fort_hanegi_B1F7
fort_hanegi_B1F6
B1Fが存在することで建物全体がプライベート、オフィス、ゲストにゾーニングされ、それぞれ目的を持った空間として機能します。
 
スクリーンショット 2017-02-22 20.42.28 スクリーンショット 2017-02-22 20.42.43 スクリーンショット 2017-02-22 20.42.56
無機質な外観はまるで要塞のようですが、その中では自然が守られ、共に生活するという二重構造。
450㎡の6SLDKというプランは20-30名規模のオフィスとしても利用できる大きさです。ありきたりな事務所選びから視点を変えて、大型テラスハウスで豊かに働くという新しい選択肢はいかがでしょうか。
 
管理番号:S52802
賃料:¥1,350,000
管理費:なし
住所:世田谷区羽根木1
広さ:445.00㎡ 
アクセス:井の頭線「東松原」徒歩4分、「新代田」徒歩5分、「下北沢」徒歩13分
構造規模:RC造 地上2階地下1階建 B1-2F部分
築年:1999年
敷金・保証金:3ヶ月(敷引き1ヶ月、SOHO・事務所利用時別途相談)
礼金:1か月
備考:ペット相談、楽器相談、床暖房、火災保険、保証会社加入必須
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top