中央区

【募集終了】八丁堀。和と洋が歩みよったメゾネットSOHO。

Miwa_building_8F  00002

八丁堀、最上階メゾネットSOHO。様々な景色を味わうことができるデザイナーズ。

今回は、八丁堀駅、宝町駅、京橋駅が利用可能、鍛冶橋通りに面した場所に佇み、和と洋の景色が詰めこまれた室内が特徴的なデザイナーズ物件のご紹介です。
Miwa_building_外観  00016
1階フロアにはダイニングバー「vivo daily stand」が入居しており、建物全体の雰囲気をグッと高めています。
ご紹介するのは、この建物の最上階部分になります。8階部分からご紹介します。
Miwa_building_8F  00001
8階部分。室内はホワイト系フローリング、所々に感じる素材感が特徴的なホワイト空間です。約13帖の広さを持つLDK空間は、5名程度のワークスペースとしてお使いいただけそうです。
配置される家具のデザインはもちろん、素材にもこだわっていただきたいです。
Miwa_building_kitchen  00004
キッチンはIH3口のシステムキッチンが完備されています。キッチンの色合いがお部屋のアクセントにもなっています。
Miwa_building_水回り  00017
水回りはコンパクトにまとめられており充実した設備内容です。壁紙のデザインも楽しみの一つです。
Miwa_building_8-9F  00007
メゾネットによる空間の広がりは開放感を感じさせます。
フロアによって使い方を分けることができるのも魅力の一つです。
それでは9階へと上がります。
Miwa_building_9F  00009
9階の洋室の広さは、約6帖です。社長室や個人の執務スペースとしての利用になるでしょうか。
Miwa_building_9F  00010
洋室の奥には約2帖の広さを持つ空間があります。
ちょっとした空間ですが、収納や物置としてではなく、有効スペースとして使い切っていただきたい空間です。
Miwa_building_9F  00011
別のお部屋は7.5帖の和室になっています。これだけ本格的なものは中々珍しいのではないでしょうか。
気分を変えて和室で会議・打ち合わせをするなど面白い使い方もできそうです。来訪されるお客様をお迎えしてみても面白いかもしれません。
Miwa_building_10F  00015
最上階はこれまでとは違う景色を持った洋テイストのお部屋です。フローリングにも変化が加えられています。
バックヤードとして利用するだけではもったいないお部屋です。
このお部屋をどのように使用しようか、空想を広げてみてください。
 
 
 
Miwa-building_図面
 
3駅利用可能と立地が良く、フロアごとに使い分けが可能な物件です。
 
 
 
管理番号:S52975
賃料:
管理費:
住所:中央区八丁堀3
広さ:93.49㎡ 
アクセス:JR京葉線「八丁堀駅」徒歩3分、都営浅草線「宝町駅」徒歩4分、銀座線「京橋駅」徒歩7分
構造規模:鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根地下1階付10階建 8階部分
築年:1988年
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社加入必須
The following two tabs change content below.
飯田 真彦 Masahiko Iida

飯田 真彦 Masahiko Iida

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザイン企画を担当。 愛知県出身。名古屋市立大学建築学部卒。オフィスデザインのセールスを経て、トランスリアルに参画。趣味は、鎌倉巡りとダンス。
Return Top