世田谷区

【募集終了】学芸大学、夫婦の想いが詰まった隠れ家は時を超えて

nozawa3chome_kodate-2F-017-sohotokyo

世田谷区野沢のデザイナーズ戸建てオフィス、素材感を剥き出しにしたアンダーグラウンドな魅力溢れる空間。

学芸大学駅から環状七号方面へ徒歩13分。
落ち着いた環境に佇むオンリーワンの魅力に溢れた戸建オフィスを発見した。
築31年、竣工当時多くの建築雑誌から特集された空間をご覧いただきたい。
nozawa3chome_kodate-facade-03-sohotokyo
場所は世田谷区野沢3丁目、環状七号線沿いに建つ大型マンションの裏手にひっそりと、しっかりとした存在感を湛えて佇んでいた。
元々はとある夫婦が建築家、遊佐隆之氏に依頼したRC注文住宅。
都心暮らしにこだわる夫婦が選んだ土地は約14坪、当時はバブルによる土地急騰の煽りを受けていた頃だ。
nozawa3chome_kodate-facade-04-sohotokyo
一見すると窓の様な部分はコンクリートの造形で、少し斜めに窓が開いている様子を表現している。
この窓は決して開くことがない、そんな遊び心に期待が膨らんでいく。
nozawa3chome_kodate-1F-03-sohotokyo
1Fのスペースは31年前、竣工当時はガレージだったスペース。(もちろん現在もガレージとして利用可能)
15㎡ほどのスペースはその頃の面影が見え隠れする無骨な空間だ。
腐食加工が施された重いドアを開けて2Fへ。
nozawa3chome_kodate-2F-019-sohotokyo
2Fは壁・天井がコンクリート打ちっ放し。
玄昌石貼りの床をベースにステンレスのカウンターキッチンが鈍い光を反射させていた。
素材の質感を強調させた硬質なデザイン、まるでジャズの流れるバーに迷い込んでしまったかの様な錯覚に陥る。
nozawa3chome_kodate-2F-013-sohotokyo
建築家が夫婦から依頼されたのは「仲間が土足で気軽に集える場所を作ること」その一点のみだったという。
玄昌石貼りの床は確かにラフな使い方に耐えうるし、このムーディーな雰囲気は夜な夜なお洒落をしたオトナ達が集まるのにも適していたのだろう。
nozawa3chome_kodate-2F-016-sohotokyo
目の前の大型マンションのせいでお世辞にも日当たりは良いとは言えない。
その環境を受け入れて無理に窓を設けず、フェイクの窓を2カ所作るという皮肉が込められたデザイン。
それでいてトップライトから漏れた光が壁に写す表情が豊かで、それがなんだか愛おしくすら感じてしまう。
nozawa3chome_kodate-2F-020-sohotokyo
斜めに接続されたカウンターが良い感じにアクセントになっている。
料理を作る姿を見ながら杯を傾ける夫、隣には気のおけない友人がいる。
この空間を見て、非常に勝手ながら31年前の夕暮れ時を想像してしまった。
nozawa3chome_kodate-3F-02-sohotokyo
3Fは寝室だったスペース、コンクリート躯体に直接白塗装が施されている。
非常にコンパクトなバルコニーから一部のみ光が漏れる。
nozawa3chome_kodate-3F-06-sohotokyo
シックで落ち着いた印象の内装は2Fリビングスペースの雰囲気からは真逆のそのもの。
ここがプライベートな場所であったことを暗示しているかのようだ。
nozawa3chome_kodate-2F-05-sohotokyo
ビルドインのオーブン、無造作に置かれていた薬罐、年季の入った4口タイプのガスコンロが格好良いキッチンスペース。
nozawa3chome_kodate-bathroom-01-sohotokyo
1Fガレージスペース裏手と3Fにそれぞれトイレが設置されている。
バスルームはホテルライクな一体型。
nozawa3chome_kodate-sunroom-01-sohotokyo
2Fには四季の移ろいが感じられるサンルームが設置されている。
nozawa3chome_kodate-RF-01-sohotokyo
屋上はコンパクトなスペースだが低層の住宅街を見渡すことができる。
 
nozawa3chome_kodate-sohotokyo
 
夫婦が提示したコンセプト、コンセプトを受け止めた建築家のデザイン、ここで暮らした夫婦の思い出。
時代を超えて良いモノは受け継がれてゆく。
彼らがこの物件から退去して何年・何十年と経っても当時の息遣いが聞こえて来るようで、なんだかほっこり、嬉しい気持ちになってしまった。
 
 
 
管理番号:S38917
賃料:
管理費:
住所:世田谷区野沢3
広さ:82.48㎡ 
アクセス:東横線「学芸大学駅」徒歩13分
構造規模:RC造 地上3階 
築年:1985年
敷金・保証金:
礼金:
備考:保証会社利用必須、保険加入必須、店舗利用ご相談可能、ガレージ付き、地下倉庫あり、家具の撤去ご相談可能、現状引き渡し
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top