渋谷区

青山キラー通り。光と曲線が作り出す暖かな空間。

yoshida-building-3rd-floor-eyecatch-sohotokyo

外苑前徒歩5分。文化が紡がれる様を見守ってきた大きな窓。
有名建築家が手がけた暖かくも刺激的な空間で何を生み出せるか。

南青山三丁目交差点付近に付けられた名称「キラー通り」。1970年代にデザイナーや文化人がそう呼び始め、今でも感度の高い人々が集うエリア。
そんなエリアに建つ、建築家の椎名英三が手がけたプレミアム物件。
yoshida-building-3rd-floor-01-sohotokyo
白と赤のコントラストが印象的なビル。1階にはアパレルのテナント2階には美容室が入っており、ワタリウム美術館の正面に位置する。 
yoshida-building-3rd-floor-02-sohotokyo
外にはワタリウム美術館、中には曲線を描く窓が映る玄関。一度訪れたら忘れられない印象の強さ。
yoshida-building-3rd-floor-04-sohotokyo
玄関を開けるとそこには約18帖の空間が広がっている。窓からの光が壁の白と床の茶色を包んでとても暖かい。シンプルなのにセンスの良さが伺える。
yoshida-building-3rd-floor-eyecatch-sohotokyo
玄関反対側からの視点。採光の良さと空間の広がりがわかってもらえると思う。敢えて仕切りでスペースを分けるなどせず、是非贅沢に使って頂きたい。
yoshida-building-3rd-floor-06-sohotokyo
この物件の最大の特徴でもある大きな窓。なだらかにアールを描いており、キラー通りを見下ろす事ができる。ショールームやアトリエとして使うなら、是非センスの良い窓際にして欲しい。
yoshida-building-3rd-floor-05-sohotokyo
曲線なのは窓の部分だけなので、使いづらいという事はない。このまっさらな空間をどうカスタマイズするのか、どうブランディングするのか。可能性は無限大だ。
yoshida-building-3rd-floor-07-sohotokyo
水回りの前には窓から光の差し込む気持ちの良い空間が。ワークスペースとしてもちろん、ソファーやテーブルなどを置いて会議スペースやリラックススペースにしては。
yoshida-building-3rd-floor-08-sohotokyo
水回りはシンプルだが清潔。オフィスに必要な最低限の設備しか備わっていないが、逆に言うと有効スペースが多い。
 
yoshida-building-3rd-floor-sohotokyo
 
オフィスだけではなく、アトリエやショールームとしても最適。利用出来る人数も、部屋をどうカスタマイズするかで大きく変わりそう。
キラー通りの文化の流れを長年見守ってきたこの物件。そんな場所で次は何が生まれるのだろうか。
 
管理番号:S41962
賃料:¥380,000(税別)
共益費:¥20,000(税別)
住所:渋谷区神宮前3
広さ:59.5㎡
アクセス:銀座線「外苑前駅」徒歩5分・「表参道駅」徒歩8分、JR山手線「原宿駅」徒歩16分
構造:RC造4階建て 3階部分
築年:1979年
敷金・保証金:3ヶ月
礼金:2ヶ月
備考:保証会社利用必須、店舗利用ご相談
The following two tabs change content below.
山西 隼平 Jumpei Yamanishi

山西 隼平 Jumpei Yamanishi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、企業VPのディレクションも担当。 愛媛生まれ。慶応義塾大学SFCにて映像制作を学ぶ。モバイルデバイスのセールスプロモーションを経てトランスリアルに参画。
Return Top