港区

麻布十番のデサイナーズSOHO、都会的非日常空間

麻布十番ラピス801号室リビング・ダイニング
麻布十番から徒歩で2分。
有名な商店街の中心部から一区画程移動するとこの個性的なデザイナーズマンションが建っている。
ロフト付き、スケルトンのバスルームといった要素は、今やこれぞデザイナーズマンションと言った特徴だろう。
麻布十番ラピス801号室リビング・ダイニング
今回の物件で特徴的なのは駅から近いということもあるが、最も特徴的なのはリビング中央に堂々と設置されたコンクリートの塊。
無機質な質感を示すこれはアイランドキッチンと呼べばいいのだろうか。
段差のあるデザインはダイニングテーブルとしての機能を意識してのことだろう、素晴らしい機能美。
食事を終えたらカフェのように、このままここで仕事が出来てしまうのではないだろうか。
床はタイル地なので土間のようにフリーな使い方も出来る。
麻布十番ラピス801号室キッチン
IHクッキングヒーターも同じテイストでコンクリートの塊の中。
麻布十番ラピス801号室ロフト
ダイニングキッチンの上にはロフトが設置されている。
コンクリートのキッチン周りと異なり、温かみのある無垢材が空間にコントラストを与えてくれている。
麻布十番ラピス801号室リビング・ダイニングロフトからの眺め
ロフトから室内を見下ろしてみる。
なかなかの天井高があり開放感のある部屋の作りになっている事がわかる。
麻布十番ラピス801号室ロフト
ロフトは5.7帖の広さがあり、場合によってはこちらを寝室代わりにしても良いのではないだろうか。
高さは約130cmくらいの空間、開放できる天窓も付いている。
麻布十番ラピス801号室寝室
ベッドルームは傾斜天井の空間。
傾斜天井の物件に出会うと東京の街中の物件だという実感が強く湧く。
地方都市の賃貸物件でこのような物件はあまり多くないのではないだろうか。
麻布十番ラピス801号室寝室
空間は傾斜しているものの、ベッドルームと考えれば十分のスペースでそこまで窮屈な印象を受けない。
麻布十番ラピス801号室シューズボックス
玄関脇のシューズボックスは扉の裏が姿見になっている。
こういった細かい配慮はあまり物を置きたくないデザイナーズマンションにはうれしい装備ではないだろうか。
 
決して大きな部屋ではないが、ロフトなどの収納を上手に使っていけば住みながらお仕事をすることは十分に可能。
SOHO・事務所利用可能の物件なので、デザイナー等のお仕事をされている方に使って頂きたい物件だ。
麻布十番というこだわりの街のSOHOという選択はいかがだろうか。
 
※今回の募集はロフトのないタイプで別部屋です、12月上旬内見開始予定。
 
 
管理番号:S5258
賃料:¥250,000
管理費:なし
住所:港区麻布十番2
広さ:57.87㎡ 
アクセス:南北線・大江戸線「麻布十番」駅 徒歩2分

構造規模:RC造8階建 8階部分
築年:2007年
敷金・保証金:2ヶ月
礼金:1ヶ月
備考:普通賃貸借契約2年、エレベーター、床暖房、駐輪場・駐車場無し
The following two tabs change content below.
木内 祐哉 Yuya Kiuchi

木内 祐哉 Yuya Kiuchi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、オフィスデザインメディア【offie】を担当。 長野県生まれ。信州大学経済学部卒業後、リクルート、ベンチャーを経て当社へ。趣味は料理、テニス。今年に入ってフルマラソンも完走。不定期開催の社内パーティーでは料理長を務める。
Return Top