港区

【募集終了】麻布十番、幾何学モチーフのデザインSOHO

la_piedra-302-livingroom-01-sohotokyo

麻布十番徒歩3分、斬新さの際立つデザインとプランのデザイナーズSOHO・オフィス。

 
大使館の街、麻布十番。
駅徒歩3分の好立地に立つ特徴的なデザイナーズマンション。
コンクリート打ちっぱなし、幾何学モチーフの窓が切り取る景色と3.6m超えの天井高の空間は20年の時を経た現在も他にないオンリーワンの魅力を放ち続けている。
DSC07466
麻布十番駅から徒歩3分、赤羽橋駅からも徒歩5分。
一の橋交差点から一本入った閑静な通りに突如現れる外観は一度見たら忘れられないのでは無いだろうか。
物件から少し足を伸ばせば、港区でも有数の豪邸が立ち並ぶ麻布永坂町と麻布狸穴町のエリア。
歴史と伝統のある土地に前衛的なデザイン、この対比がなんとも趣深い。
la_piedra-302-diningkitchen-01-sohotokyo
室内の構成も個性的、最初に入る部屋はダイニングキッチン。
間取りは2LDKとなるのだろうか、ダイニングキッチンとリビングルーム、ベッドルームという構成。
それぞれが階段で繋がりながらZ軸上で微妙にずれて重なる3次元を意識した空間。
la_piedra-302-livingroom-02-sohotokyo
各層が上下にずれた特徴的な構成のため、リビングスペースは天高3.6m超えという通常ではありえないスケール。
弧を描く窓からは東京タワーを仰ぎ見ることが出来る。
la_piedra-302-livingroom-04-sohotokyo
開放的でシンプルな空間はクリエイティブで感性豊かな職業にいかがだろうか。
集中しながら作業に没頭できる空間である。
la_piedra-302-bedroom-02-sohotokyo
ベッドルームは4.7帖程、収納もしっかり完備で居住するのにもしっかり対応している。
SOHO利用可能な賃貸物件ではまず無いであろう天井高が魅力的。
デザイナーズ物件としては20年ものでヴィンテージといった部類だろうか。
しかしながら個性的なデザインと間取りは魅力的であり続けているし、カドが取れて小慣れてきたとも考えることが出来る。
 
 
管理番号:S13853
賃料:
共益費:
住所:港区東麻布2
広さ:51.29

アクセス:大江戸線・南北線「麻布十番駅」徒歩3分、大江戸線「赤羽橋駅」徒歩5分
構造・規模:RC造3階地下4階建て 2・3階部分
築年:1996年
敷金・保証金:
礼金:
備考:火災保険加入必須、保証会社利用必須、1年未満の解約はペナルティーあり、ペット相談(委細要確認)
The following two tabs change content below.
山西 隼平 Jumpei Yamanishi

山西 隼平 Jumpei Yamanishi

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、企業VPのディレクションも担当。 愛媛生まれ。慶応義塾大学SFCにて映像制作を学ぶ。モバイルデバイスのセールスプロモーションを経てトランスリアルに参画。
Return Top