港区

赤坂リノベSOHO。ヘリンボーンに包まれて

shinzaka-mansion-room-02-sohotokyo
その模様はニシン(herring)の骨(bone)に似ていることから、ヘリンボーンと呼ばれるようになり、今では広く認知されるようになりました。
様々なデザインに使われていますが、不動産の世界でも非常に人気がありますね。
今回はヘリンボーンに包まれた、新規リノベーションSOHOをご紹介します。
 
shinzaka-mansion-facade-01-sohotokyo
アドレスは赤坂。どちらかと言うと青山一丁目駅寄りの立地です。
坂の中腹に、黄色い外観の可愛らしい建物が現れます。
shinzaka-mansion-entrance-01-sohotokyo
築年数は50年超。分譲マンションらしく、定期的に共用部もリニューアルされているようですが、所々に歴史を感じることができます。
こちらのお部屋の玄関はなんと石畳。あらゆる部分が新しく生まれ変わった室内ですが、この玄関は敢えて残されているようです。
shinzaka-mansion-room-03-sohotokyo
フローリングは明るめのブラウン。オーソドックスな色合いは、余計なストレスを感じず落ち着いて過ごせそうです。
オフィスとしてはメインの執務スペースになるのではないでしょうか。4~5名は十分に収まります。
shinzaka-mansion-room-05-sohotokyo
玄関入って最初の部屋。約6帖ほどの空間です。
動線的には来客時の応接スペース、ミーティングスペースに適しているのではと思いました。
shinzaka-mansion-room-01-sohotokyo
こちらは約8帖程のお部屋。電話の多い営業チームと、静かに黙々と作業するチームと空間を分けたいという声も良く聞きます。
2LDK以上ある今回の間取りでしたら、実現ができそうです。
shinzaka-mansion-wateraround-01-sohotokyo
水廻りは全て新品。折角ですから、このカウンターキッチンをフル活用し、社内イベントを催すのも良いですね。
shinzaka-mansion-view-01-sohotokyo
5階ではありますが、坂に建っているためこの眺望。取材時は生憎の天気でしたが、眺望は気持ちよかったです。
某大手テレビ局や、高層ビル群が見えてきます。色々な意味でモチベーションが上がりそうです。
zumen
立地にも優れたリノベSOHO。エレベーターの古さが少し気になりましたが、ポジティブに捉えればレトロ感が随所に残っている物件です。
赤坂アドレスもスタートアップにおいては重要なブランドではないでしょうか。
 
管理番号:S39503
賃料:¥260,000(SOHO利用時別途消費税)
管理費:なし
住所:港区赤坂8
広さ:68.07㎡ 
アクセス:銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」徒歩6分
構造規模:RC造上5階地下1階建て 5階部分 
築年:1961年
敷金・保証金:2ヶ月
礼金:1ヶ月
備考:定期借家3年
The following two tabs change content below.
吉田 敬 Takashi Yoshida

吉田 敬 Takashi Yoshida

SOHOオフィスのファインディング、コンテンツ制作、リーシングの他、プロパティーマネジメントも担当。 埼玉県生まれ。立教大学を卒業後、大手証券会社、大手生保会社を経てトランスリアルに参画。
Return Top